【徹底解説】これで完璧に聴き取れる!英語リスニング上達する勉強法|おすすめアプリ

「知ってる単語のはずなのに聴き取れない!」「ネイティブの英語が速すぎてわからない!」「字幕があれば聴き取れるのに、字幕なしだと理解できない!」英語を学習していて、こういった経験はありませんか?リーディングは出来るのに、簡単な単語のはずなのに、いざネイティブとの会話やリスニングテストになると聴き取れないのには、学習の仕方に原因があるかもしれません!この記事では、効果的にリスニングを伸ばせる学習方法と、リスニング練習に役立つおすすめアプリを紹介します。

そもそも、どうして英語が「聴き取れない」のか?

どんなに英語を勉強しても、どんなにたくさんの単語や文法を覚えても、ネイティブの英語が聴き取れない理由はさまざまです。

理由①:語彙や知ってるフレーズが少ない・意味を知らない

まず、第一前提として、知らない単語や英語表現は、何回聴いたところで理解するのは難しいです。ある程度知ってる単語が増えてくると、前後の文脈から単語やフレーズの意味を予測することもできますが、知らない単語があまりにも多い状態では、全く聴き取れなくなってしまいます。リスニング練習の前に、ある程度の語彙力をつけておくことも重要です。

理由②:単語の発音を知らない

英語はスペルと発音が異なる単語や、和製英語と発音が大きく異なる単語も多くあります。単語やフレーズを覚える際に、オーディオを聴かずにテキストだけ見て覚えると、正しい発音がわからないまま意味だけを覚えてしまい、聴き取れなくなってしまいます。単語を覚えるときはスペルや意味だけでなく、音声を聴きながら発音も一緒に覚えましょう。

理由③:英語を頭の中で日本語に翻訳している

例えば dog という英単語を聴いた時に頭の中で「犬」と日本語に訳してから理解するのか、英語を聴いたらそのまま頭の中に犬のイメージが思い浮かぶのかでは、英語を聴いて理解する時間に大きく差が出ます。簡単な会話や、自分で勉強するときなら、日本語に訳す過程があったとしても間に合いますが、ネイティブとの会話では、いちいち日本語に訳していると会話のテンポについていけなくなり、だんだん聴き取れなくなってしまいます。

英語を聴いて理解するときに日本語に訳す時間を短くする、または翻訳しなくても、母国語のようにイメージができるようになると、英語をかなりスムーズに聴き取れるようになります。単語を覚えるときは、ただスペルや意味を覚えるだけでなく、発音とイメージを結びつけることを意識しながら覚えると、単語を聴いてから理解するまでの時差が短くなり、英語をよりスムーズに聴き取れるようになります。

理由④:日本語にない音が聴き取れない

「th」や「r」と「l」の発音の違いなど、英語には日本語にない音もたくさんあります。例えば「お米」という意味の “rice” と「シラミ」という意味の “lice” は日本人にはどちらも「ライス」と聴こえてしまいます。これらの音を聴き慣れていないと、会話の中で聴き取るのが難しくなってしまいます。

理由⑤:教材の英語とネイティブが話す英語の速度や発音は全然違う!?

留学先や海外旅行で、英会話教師や教科書の英語は聴き取れるけど、現地の人が実際に話す英語が聴き取れないという経験はありませんか?教材で話されている丁寧でクリアな発音の英語と違い、実際にネイティブが話す英語はもっと速くて、発音も曖昧だったりします。

例えば、以下の英語は会話ではよく省略された音で発音されます。

  • want to → wanna(〜したい)
  • going to → gonna(〜するつもりだ)
  • got to → gotta(〜しなければならない)
  • must have → musta(絶対に〜)
  • should have → shoulda(〜すべきだ)

これらのルールを知らないと、いざ会話に出てきたとき、知ってる文法のはずなのに聴き取れなくなってしまいます。教科書の丁寧でクリアな英語ばかり練習し、実際に現地の人が話す英語の発音や速さに慣れていないと、例え簡単な英語だったとしても聴き取れない!なんてこともあります。

理由⑥:ネイティブの速度で発音ができない

英語を声に出して読むときに、自分が読める速度が英語を聴き取って理解できる速度と同じぐらいだと言われています。教科書を音読する際に、かなりゆっくりなペースでしか読めないとなると、実際の会話は速すぎて聴き取れない場合が多いです。リスニングを鍛えると同時に、音読や速読の練習もしておくと、かなり速いペースの会話でも、だんだん意味をキャッチできるようになります。

実際にどうやってリスニングの練習をすればいいの?

英語が聴き取れない理由がわかったところで、では実際にどのようにリスニング練習をすれば効果的に伸ばすことができるのか、今回は「初級編」「中級編」「上級編」に分けて紹介します。さらにはレベルごとに合ったおすすめのアプリやサイトも紹介します。

リスニングを練習する上で大切なポイント

リスニングを伸ばすには、多くの練習量を必要としますが、ただ英語を聴き流すだけでは意味がありません。どの英語レベルでも、まずは以下の3点に注意して、リスニングの練習を行いましょう!

  1. 正しい発音と単語の意味を結びつけるように語彙やフレーズを覚える
  2. 頭の中で英語を日本語に訳す時間をなるべく短くする
  3. 音読の速度=聴いて理解するまでの速度
    シャドーウィングや音読で英語をはやくスラスラと読めるようにする

注意する点を確認したところで、次は、具体的にどんな練習をすべきか英語のレベル別おすすめリスニング練習方法を紹介します。まずは「初級編」からです。

効果的なリスニング練習|初級編

英語を始めたてのころのリスニング練習で最も大事なポイントはとにかく「英語を聴く」習慣を身につけ、耳を少しでも英語に慣らすことです。その過程で、少しでも英語の語彙を増やし、また単語と音を結びつけて覚える練習をしましょう。

初級編学習方法①|オーディオを使いながら単語を覚える

先ほども述べたように語彙があまりに少ないと英語を聴き取るのは、どうしても難しくなってしまいます。そのため、まずは語彙を増やすことが大事ですが、その際にただスペルや意味を覚えるだけでなく、オーディオを使って発音も一緒に覚えるようにしましょう。声に出してオーディオのマネをして発音しながら書くことで、発音とスペル、意味を同時に覚えられます。また、この学習方法を使うと「音」と「意味」を結びつけて覚えられるので、知ってる単語のはずなのに聴き取れない!ということを防ぐことができます。

初級編学習方法②|英語の発音の仕組みを理解する

英語を正しく聴き取るには、英語の発音を正しく理解する必要があります。発音を練習する際に調音器官(唇や歯など)の使い方を意識しながら音声を真似して練習しましょう。発音記号を見ながら、英語の意味と音を結びつけるイメージで発音の練習することで、リスニングにも役に立ちます。正しく発音ができるようになると、正しく聴き取れるようになります。

正しい発音を自分で練習するのが難しいという方におすすめなのが VoiceTube(ボイスチューブ)の「AI 発音分析」です。動画内の字幕の英語を読んで録音すると、AI が発音を点数化、さらには単語ごとに発音に間違いがないか確認できます。独学でも、お家にいながら携帯1つで効果的に発音矯正ができます。

発音分析をしたいフレーズをタップし、「スピーキング」をタップすると発音分析が始まります。
発音を間違えたところがひと目でわかり、単語ごとの正しい発音も確認できます。

初級編学習方法③|短くて簡単な英語を一語一句理解できるまで聴く

リスニングを伸ばしたいと思ったら、シンプルではありますが、とにかく英語をたくさん聴くことが大事です。少しでも、日本語字幕付きでもいいので、毎日英語を聴くようにしましょう。しかし、いきなり長くて難しい文章を聴いても、ただ聞き流すだけになってしまい、あまり効果がありません。最初のうちは、たくさん聴くことよりも、教科書などの簡単で短い文章を “一語一句理解できるまで” 何回も聴くことが大事です。1日5分でもいいので、毎日英語を集中して聴く時間を設ける習慣を作りましょう。

教科書の英語だけじゃつまらない!という方におすすめなのが無料英語学習アプリ VoiceTube(ボイスチューブ)です。VoiceTube(ボイスチューブ) にはニュースやエンタメ、雑学など、さまざまなジャンルの英語・日本語字幕付き動画が 8,000 本以上あります。動画の長さはどれも、だいたい 2-5 分ほどなので、通勤時間やスキマ時間に楽しく英語のリスニングを鍛えられます。

さらにフィルターを使えば、動画の長さやレベル、アメリカ英語・イギリス英語など英語のアクセントまで選ぶことができます。フィルターを使って自分のレベルに合った動画を効率よく探しましょう!

動画を検索するときにフィルターをかけることで、動画の長さやレベル、英語のアクセントを絞って検索できます。
効率よく自分に合った動画を見つけることができます。

効果的なリスニング練習|中級編

語彙もある程度増え、簡単な会話や文章なら聴き取れるようになってきたら、次は「英語脳」を鍛えるリスニング練習にシフトアップして行きましょう。

中級編学習方法①|字幕なしでも聴き取れるか挑戦!

ある程度、耳が英語に慣れてきたら、英語・日本語字幕なしでも聴き取れるか挑戦してみましょう。このときに、知らない単語が出てきても、すぐに辞書などで調べるのでなく、前後の文脈から意味を推測できるか挑戦してみましょう。まずは、一切字幕を見ずにどのくらい聴き取れるか挑戦しましょう。何度か聴いて、ある程度内容がつかめてきたところで、スクリプトをみて答え合わせをしましょう。

VoiceTube(ボイスチューブ)なら、「英語・日本語字幕」「英語字幕のみ」「日本語字幕のみ」「字幕なし」と字幕の表示をボタン1つで簡単に切り替えられます。最初は「英語・日本語字幕」付きで動画を視聴、慣れてきたら「英語字幕」のみや、「字幕なし」でも、どれぐらい聴き取れるか挑戦してみましょう。

ボタン1つで動画内の字幕を「英語・日本語字幕」「英語字幕のみ」「日本語字幕のみ」「字幕なし」と
字幕の表示をボタン1つで簡単に切り替えられます。

中級編学習方法②|フレーズや英語の文構造に慣れて「英語脳」を作ろう!

英語をスムーズに聴き取れるようになるには、頭の中で英語を日本語に変換する時間をなるべく少なくする、できれば全く変換する必要をなくすことが重要です。しかし、英語と日本語では文の構造が全く異なるため、最初はいきなり英語を聴いてそのまま理解するのは難しいです。また、日本語にはない英語ならではの言い回しやフレーズもたくさんあり、これらを聴いて即座に理解できるようにするには、多くの練習量が必要となります。

リスニングを鍛えると同時に、英語の文の構造に慣れることも重要です。ただ英語を聴き流すだけでなく、文法や言い回しに注意しながら聴き、わからない文法はテキストなどで調べて理解を深めましょう。文法の日本語的な意味だけでなく、会話の中でどのように使われているかを注意深く観察しながら聴く癖をつけましょう。

VoiceTube(ボイスチューブ)なら、動画内の文章を使ってディクテーション練習をすることができます。動画の音声を聴きながら、単語を並び替えることで、リスニングと文法を同時に鍛えることができます。ディクテーションを繰り返すことで、英語の文構造に慣れ、英語を聴く際に頭の中で日本語に変換しなくてもすばやく意味を理解できるようになります。

動画内の文章を使ってディクテーション練習、動画の音声を聴きながら、単語を並び替えることで、
リスニングと文法を同時に鍛えることができます。

中級編学習方法③|シャドーウィングでネイティブの話し方を習得しよう!

教科書や単語帳に付属されているオーディオを使って正しい発音を覚えたら、次は実際にネイティブが話している動画などを使ってシャドーウィングし、ネイティブの話し方を真似してみましょう。リスニングを鍛える上で、単語ごとの正しい発音を理解することも、もちろん大事ですが、ネイティブの抑揚の付け方や、アクセント、他の単語と繋がった時の連音や省略に耳を慣らしておくことも、とても重要です。シャドーウィングを通してネイティブの話し方を真似することで、教科書のようなクリアな正しい発音だけでなく、実際に会話に出てきた時の音の感じを掴むことができます。この練習をすることで、教材や英語の講師が話した時は聴き取れたのに、実際のネイティブとの会話に出てきたら聴き取れない!という問題を防ぐことができます。

あわせて読みたい

独学でもOK!効果的な英語学習方法「シャドーイング」がリスニング力アップに効果的な理由

効果的なリスニング練習|上級編

ある程度英語力が身に付いてきたら、会話だけでなくニュースやスピーチを聴いて、より難しい単語やフレーズにも触れてみましょう。

上級編学習方法①|ニュースを聴いて時事英単語やフォーマルな表現を学ぼう!

英語のレベルが中級以上になったら、ニュースなどを聴いてより難しい英単語や、フォーマルな表現にも挑戦してみましょう。CNN や BBC ニュースなどを使ってリスニング練習をすることで、難しい表現を学べるだけでなく、世界情勢についての理解も深めることができます。海外の人と、現代社会の問題についてディベートする際にも役立つ表現を学べられます。

また英語には日本語のような敬語がないとはいえ、より丁寧な、フォーマルな表現だったり、論文や新聞などに登場するアカデミックな表現があります。例えば「ありがとう」の英語は一般的には thank ですが、よりフォーマルな場面では appreciate と表現します。ビジネスの場や公式な場で、これらの単語が登場しても困らないように覚えておきましょう。

あわせて読みたい

英語にも「敬語」がある?!ビジネスシーンで役立つ!英語の丁寧な表現

上級編学習方法②|英語を英語で理解しよう

中級編でも述べたように英語を聴いて、いちいち日本語に翻訳してから理解していたら、会話がスムーズにできなくなってしまいます。上級まで来たら、よりネイティブに近い「英語脳」を鍛える練習にシフトアップしましょう。日本語に翻訳する時間を短くするだけでなく、完全になくして英語をそのまま英語で理解できるよう特訓しましょう。

リスニングテストや教科書、動画の音声を実際の速度より 1.5 倍速くして聴くことで、英語を頭の中ではやく処理する力が身につきます。この時に、単語一語一句まで理解する必要はなく、文章全体の意味を掴められれば大丈夫です。内容の全体像が掴めたところで、通常の速度に戻したり、スクリプトを見ながら、聴き取れなかったところや、重要文法・単語をしっかり確認しましょう。また、知らない単語を調べるときも英和辞典でなく英英辞典を使ったりして、ネイティブのように「英語を英語で理解する」習慣を身につけましょう。

TOEIC / TOEFL / 英検 / 大学入学共通テストなど「リスニングテスト」対策

TOEIC / TOEFL / 英検 / 大学入学共通テストなど、英語のテストで欠かせないのが「リスニングテスト」です。ここでは検定試験のリスニング問題の対策方法を各試験ごとにまとめました。リスニングテストで高得点を狙いたい人は必見です!

リスニング練習に最適!おすすめ英語学習アプリ

初心者から中級者までにおすすめ|VoiceTube(ボイスチューブ)

英語教育に熱心な台湾で生まれた無料英語学習アプリ VoiceTube(ボイスチューブ)にはエンタメや雑学、ニュースなど、さまざまなジャンルの英語・日本語字幕付き動画がおよそ 8,000 本あります!また、字幕を英語字幕のみや字幕なしに切り替えられたり、字幕に出てきた単語の意味をワンタップで調べられたりと、動画での英語学習をお助けする機能が揃っています。それだけでなく、英語を録音すると AI が発音に間違いがないか分析してくれる AI 発音分析機能、保存した単語をクイズ形式で楽しく復習できる単語復習機能、動画の文章を使ってディクテーションができるセンテンス復習機能など、独学に役立つ機能も多く揃っています。教科書とは違った興味のある内容で楽しく耳を英語に慣らすことができます。

料金|無料(有料プランあり)
公式サイト|https://jp.voicetube.com/

VoiceTube(ボイスチューブ)の詳しい機能をブログでチェック!

【無料】英語学習アプリ VoiceTube(ボイスチューブ)とは?|リスニング・聞き流しに最適!

日常会話でのリスニングを鍛える|スタディサプリ ENGLISH(新日常英会話コース)

リクルートが提供している英会話アプリです。1回最短3分から!スマホのアプリなので、通勤や通学中に英語のシャドーイングの練習ができます。短い会話表現がたくさん収録されているので、シャドーイング初心者におすすめです!海外旅行に行った際や日本で外国人に道を聞かれた時、海外留学で現地で日常会話をサッとできるようになりたい方が楽しく勉強できるアプリです。

料金|ダウンロード無料(月額 2,178 円)
公式サイト|https://eigosapuri.jp/

ビジネス英語・TOEIC 対策に|LissN

ビジネス英語に特化したリスニングアプリです。ビジネスに関する記事を英語・日本語の両方で読めるほか、発声機能やスピード調整機能も付いているので、ディクテーションもしやすいです。TOEIC の問題はビジネス英語中心に繰り出されるので、単語はもちろんリスニングパートやリーディングパートの対策に最適です!ニュースを読んだ後、クイズを解いて「理解度をチェック」をすることができ、自分が上達した実感を持つことができます。試験対策だけでなく、ビジネス英語を上達させたい方にもおすすめのアプリです。

料金|3 ヶ月パック 3,300 円〜
公式サイト|https://school.nikkei.co.jp/special/lissn/

私大入試や英検対策に|英語の友・旺文社リスニングアプリ

参考書を販売する大手「旺文社」が監修し、英検・TOEIC・TOEFL・TEAP・IELTS 対策ができるリスニングアプリです。旺文社の刊行する  200 冊以上英語資格試験対策書の問題に対応しています。

幅広い英語検定に関する書籍のリスニング問題をダウンロードできます!

  • 英検でる順合格問題集 新試験対応版(準1~3級)
  • 英検暗記で合格 新試験対応版(2~3級)
  • 英検二次試験・面接 完全予想問題(1級~3級)
  • 英検分野別ターゲット 英検1級英作文問題 改訂版
  • 英検分野別ターゲット 英検1級英作文問題
  • 英検分野別ターゲット 英検準1級
    …など

私大の入試は一般教養に関する問題も多く出題されるので、英検の長文問題などをやるのがおすすめです。

料金|ダウンロード無料(有料版月額 1,800 円)
公式サイト|https://eigonotomo.com/

リスニングに苦手意識がある人は多いと思いますが、正しい方法で継続して練習すれば確実に耳が英語に慣れていくのを実感できます。毎日5分でもいいので集中して英語を聴く習慣を身につけましょう。また教科書の英語だけでなく、映画やドラマ、ニュースなど、多様なメディアを使うことで、より多くの語彙を覚えられます。まずは自分が興味のあるものから始めて、レベルが上がってきたらニュースやスピーチなど難しい内容にも挑戦しましょう。

ボイスチューブなら、エンタメや雑学、ニュースなどさまざまな動画を使って楽しく英語が学べます。今すぐアプリを無料でダウンロードして、楽しい英語学習ライフを始めてみませんか?