「below」と「under」の違いとは?前置詞英語の意味と正しい使い方紹介!

「below」と「under」の違いがよくわからないといったお悩みはありませんか?どちらも「〜の下に」という意味を持つ前置詞ですが、使い分けを間違えると、意味の通じない文章になることも。そこで今回は「below」と「under」の違いを例文とともにご紹介します。

英語の前置詞「under」と「below」の使い方・使い分け方

「below」と「under」は日本語に訳すと「〜の下に」という意味があり、違いがわかりにくい前置詞です。

それぞれの前置詞の使い方と使い分け方について、わかりやすくご説明します。

「below」:ある基準点より「下」

「below」は「ある基準点よりも下にある」という意味を持ち、位置関係を表す前置詞です。また、低い位置を示す場合にも「below」を使います。

The sun sunk slowly below the horizon.
太陽がゆっくり地平線の下に沈んだ。

ある基準点=地平線です。太陽の位置が低くなっている状態のため、ここでは「below」を使用します。太陽が地平線の真下に沈むわけではないので、「under」は不適切です。

「under」:何かの「真下」「覆いかぶさっている」

「under」も「〜の下に」という意味がある前置詞です。なにかの「真下」にある時、もしくは「覆いかぶさっている」イメージの時に使用します。「below」が位置を表すのに対して、「under」は場所を表します。

There is a cat under the table.
テーブルの下に猫がいます。

上記はテーブルの真下に猫がいる様子を表す文章なので、「under」を使います。「below」を使うと、「猫がテーブルより低い位置にいる」という文章になり、意味が通りません。

「below」の英語例文を使って違いをマスター

「below」を使った英語例文をご紹介します。

She looked down from the mountain on the world below.
彼女は山から下を見下ろした。

Please fill out the form below to get more information.
より詳しい情報を知りたい場合は、下記のフォームにご記入ください。

look down 見下ろす

fill out 記入する

気温や温度などの数値を表す場合は、「〜以下」とう意味で使われます。

The temperature dropped to ten degrees below zero in Sapporo.
札幌では気温が零下 10 度まで下がりました。

「under」の英語例文を使って違いをマスター

次に「under」を使った英語例文をご紹介します。

You should  check under the bed.
ベッドの下を確認した方がいいよ。

Katy was wearing a white T-shirt under her jacket.
ケイティーはジャケットの下に白い T シャツを着ていました。

年齢について述べる時には、「〜未満」という意味を持ちます。

I guess he is under age.
彼は未成年だと思う。

まとめ|「below」と「under」の違いをイメージで覚えよう!

ここまで、「below」と「under」の違いや使い分け方について解説しました。「below」はある基準より下にある時、そして「under」は真下にある時に使われます。例文を参考にして、ぜひ違いをイメージで覚えてくださいね。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka Kaneda
画像/Seven Song, CC Licensed