英文法

役立つ英語ブログを毎日紹介しています。よく間違いやすい英文法、例えば前置詞、冠詞等、わかりやすく、詳しく、簡潔に発信しています。

英語の「副詞」とは?実用英会話例で副詞の使い方を学習!

英語の「副詞」は、動詞や形容詞に比べると、使い方に悩んでしまう方も多いでしょう。しかし「副詞」を使うことで、より会話がスムーズになるので、覚えておきたいところですね。そこで今回は「副詞」の使い方を解説します。また、ネイティブの間でも使用頻度が高い「副詞」を使った例文もご紹介。英会話をもっと上達させたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

英語の「関係代名詞」とは?実用英会話例で関係代名詞の使い方を学習!

英語の「関係代名詞」は、日本語にはない英語特有の文法なので、混乱してしまう方も多いのではないでしょうか。「関係代名詞」を理解すれば、長文を作る時に役立つだけではなく、ネイティブらしい話し方になります。本記事では、英会話を勉強している方向けに「関係代名詞」の役割や基本的な3つの使い方をご紹介します。ぜひお役立てください!

英語の「使役動詞」とは?実用英会話例で使役動詞の使い方を学習!

 英語の「使役動詞」はネイティブ同士の会話でもよく使われる表現です。しかし日本人にとって、文法や訳し方、ニュアンスなどの理解が難しいもの。こちらの記事では、「使役動詞」である「make」「have」「let」の使い方をわかりやすくご説明します。使用頻度の高い動詞なので、英会話を勉強している方は、ぜひお役立てください。

英語の「過去完了形」とは?実用英会話例で過去完了形の使い方を学習!

英語の「過去完了形」は、使い方が「いまいちわかりにくい」と感じていませんか?ただ、正しく使えていないと、相手に意味が間違って伝わることもあります。そこで今回の記事では、「過去完了形」の使い方から「現在完了形」との違い、実用的な英語例文までをわかりやすくご紹介します。英会話が上手くなりたい方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

英語の「関係副詞」とは?実用英会話例で関係副詞の使い方を学習!

 英語の「関係副詞」と聞くと、ややこしいイメージをお持ちではありませんか?使い方がイマイチわからず、苦手意識を持っている人も多いはず。しかし、意外と英語の「関係副詞」は、役割を知れば難しいものではありません。そこで本記事では、「関係副詞」の使い方と実用的な英会話例文をご紹介します。また「関係代名詞」との違い・使い分け方についても解説。ぜひご参考にしてくださいね。

「have 過去分詞」の使い方とは?実用英会話例で使い方を学習!

英語の「have 過去分詞」(現在完了形)が「なんだかわかりにくい」と感じていませんか?過去形と混同する方も多いでしょう。「have 過去分詞」を使った文章は、ネイティブの会話の中でもよく出てくるため、しっかりと覚えておく必要があります。こちらの記事では、3 つの使い方から、過去形との違い、実用的な英会話例文をご紹介。ぜひ最後までご覧ください。

英語の「現在分詞」とは?実用英会話例で現在分詞の使い方を学習!

英語の現在分詞には、さまざまな使い方があり、混乱しやすい人も多いと聞きます。英会話でもよく使われるので、どのように使うのかを知っておくことが大事です。今回は、現在分詞の 3 つの使い方や実用英会話で使える例文をご紹介します。もっと英語の文法を学びたい方は、ぜひお役立てください。

英会話で役立つ「in which」とは?意味と使い方を徹底解説!

関係代名詞が苦手な方にとって「in which」の使い方は、かなり難しく感じられるかもしれません。しかし、長文をスムーズに読むためには、関係代名詞を理解することが必要です。こちらの記事では、「in which」の使い方をわかりやすい例文とともにご説明します。あわせて「of which」についてもご紹介。ぜひご参考にしてくださいね。

「have」と「hold」の違いとは?「持つ」を意味する英語表現

日本語訳すると意味が同じ意味になってしまう英単語はたくさんあるのですが、その一つに「have」と「hold」があります。文面によってはこの二つの意味は共に「持つ」となり、どちらを使っても良いパターンもあるのですが、ニュアンスは実は異なります。今回はこの2つの単語の使い分けについて解説します。

「in」と「 within」の違いとは?前置詞英語の意味と正しい使い方紹介!

皆さんは「前置詞」の使い分けは大丈夫ですか?場所を表す「◯◯ で」と言う時には in や on 、 at を使い、「◯◯ の上」という時には above や on 、 over 等を使いますが、使い分けが非常に複雑です。今回は数ある前置詞からよく間違って使われる in と within を比較して使い分けをマスターしましょう!

「つまり」や「要するに」を英語でいうと?表現方法や使い分けについて徹底解説!

日本語で自分の話の結論を伝える際は「つまり」や「要するに」で繋げて話すと思います。英語は日本語以上に結論をハッキリと告げた方が良いとされる言語であるため、これらの結論につなぐフレーズがたくさんあります。今回は「つまり」や「要するに」に当たるフレーズのいくつかを紹介します。

【図解解説】Other, Another の違いと正しい意味|「他の」の英語表現

other も another も日本語では「他のもの」という意味になってしまいます。 さらに、特定を意味する the がついたり、other が複数形の others となることで、 意味は変化し、多くの英語学習者が悩む言葉です。 other と another の用法と意味の違いを図と表でスッキリまとめました。

【 〜に続いて 】を英語で|After以外の”それから”を意味する英語7選

「…に続いて」「…に次いで」「…の後」 日本語や英語にかかわらず「…の後」は文章に欠かせない要素ですが、 after ばかりではない!! afterwards, later on, subsequently, followed by など 日常会話及び英作文で必ず使う接続詞をリストアアップして紹介します。

【英文法】苦手な文法をものにする2つの勉強の仕方を伝授!

英語文法の勉強を始めました。 よし、現在形も現在進行形もまだ大丈夫。 あれ、現在完了形?過去形?過去完了形? 勉強すればするほど何が何だかわからなくなってしまって。 そこで、今回は文法もすぐにものにできる二つの勉強方法を紹介したいと思います。

【英文法】on the bus? in the bus? 交通手段を表す前置詞って意外と簡単?

英語を勉強していると「どちちを使ったら良いんだろう」と迷う単語に出会ったことはありませんか? 特に交通手段を表す前置詞ってわかりにくいと思いませんか? “On”, “In”, “By” など辞書で調べても同じような意味が書いてありますね。 そこで今回、交通手段を表す前置詞をまとめてみました。