単語・フレーズ

役立つ英語ブログを毎日紹介しています。海外で英語に困らないように、基礎から大切に学びましょう。TOEIC、TOEFL等各種試験対策にも。英語上級者の方も必見です。例文には日本語の和訳付き。

「可能性」を英語でいうと?表現方法・使い方・用法を例文で解説!

英語で「可能性」は「どのように言えばいいんだろう?」と困っていませんか?日常生活でもビジネスでも使う機会が多い言葉なので、覚えておいて損はありません。そこで今回は、英語で「可能性」を表す3つの表現と使い方をわかりやすく説明します。ぜひ英語学習にお役立てください。

「悩む」や「迷う」を英語でいうと?戸惑った時に使う表現をご紹介!

「悩む」や「迷う」は日常会話でもよく使う言葉ですが、英語での言い方に戸惑ったことはありませんか?おそらく多くの方が「worry」を使っているでしょう。確かに一般的な言葉ではありますが、状況によってはふさわしくない場合も。そこで本記事では、英語の「悩む」と「迷う」の言い方をご紹介。日常会話でよく登場するので、しっかりと覚えましょう!

「承知しました」を英語でいうと?「承知」や「了解」の表現方法をご紹介!

「承知しました」「了解」を意味する英語表現は、数え切れないほどあります。ただし、ビジネスの場面で使うと失礼に当たるものもあるので、十分気をつけなければなりません。そこで本記事では、カジュアルな場面とフォーマルな場面で使える「承知しました」の言い方と、ネイティブがよく使う「了解」の言い方をそれぞれご紹介します。英会話上達を目指す方にも役立つ内容です。

「daunting」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

対処が難しい、とても過酷なという表現は「difficult」「hard」「tough」などが一般的に使われます。似たような意味の形容詞で「daunting」という単語があります。イギリスで好まれる表現でうまく使えると表現の幅を増やせるでしょう。今回はこの単語の使い方について解説します。

「こだわる」を英語でいうと?ネイティブが使う表現方法や使い分けを解説!

「こだわる」を英語で表現する方法はたくさんあります。ただし、表現によってはマイナスな印象を与えることがあるので注意が必要です。そこで今回は、「こだわる」のいいニュアンスと悪いニュアンスの英語表現をそれぞれご紹介します。日常英会話を勉強中の方は、ぜひお役立てください。

「夫婦」を英語でいうと?表現方法・使い方・用法を徹底解説!

日本語では結婚しているカップルのことを「夫婦」と呼びますが、英語には同じ意味を持つ単語はありません。では、英語圏では「夫婦」のことを、どう表すのでしょうか?今回は、英語での「夫婦」の言い方や英会話例文をご紹介します。「夫婦」は日常的にもよく使う言葉なので、ぜひ使い方を覚えてくださいね。

「そこで」を英語でいうと?文と文とつなぐ接続表現を徹底解説!

英語では接続詞という文と文を自然につなぐための品詞があるのですが、話の結論に当たる文につなげる接続詞は英語では重要です。なぜなら英語は結論が大事な言語であるため、状況によりその接続詞を使い分ける必要があるからです。今回はこれらの接続詞の使い方について解説します。

「cumulative」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

cumulative という単語をご存知ですか?難しい単語ですので、今初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?ですが、英文の契約書の作成や様々な書類の審査の際に出てくることもあり、知っておいて損は無い英単語です。本記事では cumulative の使い方や読み方をご紹介していきます。

「ブラックフライデー」を英語で言うと?「セール」で使える英語表現集!

ブラックフライデーはご存知ですか?ブラックフライデーとは 11 月の第 4 木曜日で、今年は 11 月 27 日になります。小売業者でかなりの大安売りが実施されて、今から何を買うか考えている人もいるのではないでしょうか?今回はブラックフライデーの話を交えながら「セール」で使える英語をご紹介していきたいと思います!

「cuisine」の意味とは?”foodや”meal”の違いとは?使い方を例文で徹底解説!

郷土料理やその土地の伝統的な料理のことを表現するとき、英語では「cuisine 」という単語を使います。料理や食事を表す単語として広く使われるのは「meal」や「food」ですが、この単語はそういう意味合いでは限定的な状況でのみ用いられる表現になります。今回はこの「cuisine」の正しい使い方を解説します。

「suspect」の意味とは?”doubt”との違いとは?使い方・用法を例文で徹底解説!

物事の真偽や人を疑うということを英語では「suspect」という単語を使います。他にも同じような意味になる英単語はいくつかあるのですが、よく違いの比較をされる単語に「doubt」があります。今回はこの 2 つの単語について解説し、「suspect」の正しい使い方を解説します。

「grit」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

多くの成功者達の華やかな功績の裏には必ず見えない努力があります。こういった影の努力や、やり抜く力の事を英語では「grit」という単語を使います。意訳すると「努力、度胸」を意味するのですが、この意味には色々な含みがあります。今回はこの単語の使い方について解説します。

「こたつ」を英語で言うと?「冬」にまつわる英語表現集!

四季が明確にある日本では毎年寒い季節になってくると暖房器具を準備します。日本の家庭で過ごす冬の代表的な暖房器具といえば「こたつ」です。ただこれは日本独自のものでもあるため、英語で説明するにはなんといえばいいのでしょう?今回は「こたつ」の表現と「冬」にまつわる英語表現について解説します。

「recruit」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

新しい従業員の雇用や、新入社員を募集をするという事を表現したいとき、英語では「recruit」という単語を使いいます。日本語でもこの単語をそのまま使う事のあるほどに浸透している単語ですが、英語と日本語では少し用途が違う部分もあります。今回はこの単語の使い方について解説します。

「spam」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

頼んでもいないのに大量に送られる広告宣伝に関する迷惑メールのことを日本語でも「スパムメール」としばしば呼ぶことがありますが、この語源は英語からきています。そのため英語でも同じ意味合いで「spam」という単語を使います。今回はこの単語の使い方について解説します。

英会話で役立つ「each」とは?意味と使い方を徹底解説!

英単語「each」の使い方はさまざまあり、英語をしっかりと勉強している人でも戸惑うことが多いようです。文法的に理解しておかないと、いざ会話で使おうとした時に困ってしまうかもしれません。そこで今回は、英語例文とともに「each」の意味や正しい使い方をご紹介します。英会話をより楽しむためにも、ぜひ理解を深めていきましょう!

「made from」と「made of」の違いとは?作るを意味する「made」の活用法

「made from」と「made of」は、日本人にとって違いがややこしい英語表現のひとつです。どちらも「〜から作られている」「〜でできている」を意味します。どちらを使うべきか、迷う方も多いでしょう。そこで本記事では、これらの違いと似た表現の「made out of」「made with」についても解説します。正しく英語を理解したい方は、ぜひチェックしてくださいね。

「contain」と「include」の違いとは?「含める」を意味する英語表現

「contain」と「include」は、どちらも「含める」を表す英語表現です。日本語に訳すと同じ意味に聞こえるものの、意味や使い方には違いがあります。難しく感じる英単語ですが、ニュアンスを理解すれば迷うことなく使えるので安心してくださいね。今回は二つの単語の違いと使い方をわかりやすくご紹介します。

「shout」と「scream」と「yell」の違いとは?「大声を出す」を意味する英語表現

「shout」と「scream」と「yell」は、それぞれ意味合いに微妙な違いがあります。すべて「大声を出す」「叫ぶ」などの意味を持っている動詞ですが、使う場面が異なるので注意が必要です。今回は、混合しやすい「shout」と「scream」と「yell」の使い方を英語例文付きで解説します。

「teacher」と「educator」と「tutor」の違いとは?「先生」を意味する英語表現

先生の呼び方は日本語でもいくつかあります。講師、教師、教授、教育者などそれぞれニュアンスが違います。同じように英語でも意味合いはそれぞれ異なります。今回は「teacher」に意味の似ているこの2つ挙げ、それぞれの単語の使い分けについて解説します。

「have」と「hold」の違いとは?「持つ」を意味する英語表現

日本語訳すると意味が同じ意味になってしまう英単語はたくさんあるのですが、その一つに「have」と「hold」があります。文面によってはこの二つの意味は共に「持つ」となり、どちらを使っても良いパターンもあるのですが、ニュアンスは実は異なります。今回はこの2つの単語の使い分けについて解説します。

「lie」と「lay」の違いとは?意味と使い方、簡単な覚え方を紹介!

横たわるを意味する「lie」とその過去形は「lay」ですが、「lie」には嘘をつく。と言う意味にもなり、その際は過去形は「lied」に変わります。そして「lay」に関しても「lie」の過去形以外の用法で横に置く、携える。と言う意味も持っています。今回はこれらがどの用法で使われるかを簡単に判別する見分け方を紹介します。

「in」と「 within」の違いとは?前置詞英語の意味と正しい使い方紹介!

皆さんは「前置詞」の使い分けは大丈夫ですか?場所を表す「◯◯ で」と言う時には in や on 、 at を使い、「◯◯ の上」という時には above や on 、 over 等を使いますが、使い分けが非常に複雑です。今回は数ある前置詞からよく間違って使われる in と within を比較して使い分けをマスターしましょう!

「clinic」と「hospital」の違いとは?「病院」を意味する英語の使い分け

「hospital」と似た意味で日本語でも使われる事もある「clinic」と言う単語があります。どちらも病院と言う意味を持つのですが、どちらを使った方が適切になるかは伝えいたい意味合いにより異なります。今回はこの2つの単語の使い分けについて解説します。

「learn」と「study」の違いとは?「学ぶ」と「勉強する」の英語の使い分け

日本語では少し意味が曖昧な「学ぶ」と「勉強する」、英語では「learn」と「study」がそれぞれの意味に当たります。これらの単語が持つニュアンスがそれぞれ異なり、どちらが適切な意味になるかは文脈により異なります。今回はこの2つの単語の使い分けについて解説します。

「わかりました」を英語でいうと?場面に合わせて”OK”を伝える表現をご紹介!

相手の依頼や提案に対して承諾する際、英語での表現として最も最初に浮かぶのは「O.K」でしょうか?これも間違いではないのですが、英語には他にも様々な承諾を意味する便利なフレーズがあります。今回は「了解」にまつわる表現を紹介して行きます。

「つまり」や「要するに」を英語でいうと?表現方法や使い分けについて徹底解説!

日本語で自分の話の結論を伝える際は「つまり」や「要するに」で繋げて話すと思います。英語は日本語以上に結論をハッキリと告げた方が良いとされる言語であるため、これらの結論につなぐフレーズがたくさんあります。今回は「つまり」や「要するに」に当たるフレーズのいくつかを紹介します。

「資料」を英語でいうと?”document”以外の表現方法や使い分けを解説!

「資料を活用する」「資料をまとめる」など、日常生活においても「資料」という単語はよく出てきますよね。document は資料の英語の代表的な単語ですが、扱う対象毎に別々の単語が使われているのはご存知でしたか?今回は「資料」の英単語を見ていきましょう!