popup ad

【英会話】英語を話したい!使いたくなる日常フレーズ Part I

Jennifer 2017 年 04 月 12 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人に声をかけられたことがありますか?
相手の話は大体理解できたんだけど
返事しようとすると、なかなか適切な言葉が出てこない。
簡単なフレーズを覚えておいたら、
スムーズに会話できるし、表現も豊かになれるのに
と思っているあなたのために、よく使われる英語フレーズをまとめてみました。
phrases

それらのフレーズを紹介する前に、もっとネイティブっぽい発音ができるように
Emma先生の
アメリカ英語を紹介する動画を見てみましょう!
*VoiceTube動画を連続で3本視聴すると、会員登録画面が表示されます。会員登録すればVoiceTube機能を全て使うことができます。また、登録は無料でできます。
もちろん、ご利用もすべて無料でできます。

ネイティブのような英語発音レッスン (Sound like a Native English Speaker: Tapping) 
North America Accent

まず、簡単なフレーズから紹介したいと思います。

1. I see. わかった 

2. I quit. ~をやめる

3. Hold on. ちょっと待って

4. Allow me. よかったら、私がやりましょう

5. My treat. 奢るよ

誰かを奢るとき、”It’s on me.” という表現もありますよ。

Have fun and enjoy yourself! It’s on me tonight!
お好きにどうぞ、奢りますから。

6. This way. こちらへどうぞ

7. After you. お先にどうぞ

8. Bless you. お大事に

誰かがくしゃみをしたとき、”Bless you!” と声をかけましょう。

9. Forget it! もういいんよ/心配するな 

A: How’s your term paper going?
A: 期末レポートはどうなってるの?期末レポートはどうなってるの?
B: Oh, forget it! I haven’t even started yet!
B: あーもう。まだ何も書いてないんだよ。

10. Good luck! 頑張って/ うまくいきますように

11. I promise. 〜を約束しする/ 必ず〜する

約束する時、 “You have my word.” とも言えます。

12. Watch out! 気をつけて

13. What’s up? どうしたの?

挨拶する時、”What’s up” も使いますよ。

Alex: Hey, Mike! What’s up?
Mike、最近どう?
Mike: Not much.
別に変わったことはないよ。

14. You can say that again! それはそうだわ

直訳すると、「もう一度言っていいよ」になりますが、ここは「本当にそうだね」という意味です。

15. I doubt it. 私はそう思わない/ それはどうだろう

16. Never mind. ドンマイ/ 気にするな

ほかに “It’s no big deal” “Not at all” とも言えます。

17. That’s all. これで終わり/ これで以上/ これでおしまい

A: I’d like to have a roasted chicken sandwich and iced tea.
A: ローストチキンのサンドイッチとアイスティーをください。
Waiter: Anything else?
店員さん: 他に何かご注文はございますか?
A: No. That’s all.
A: いいえ、これで以上です。

18. Count me in. 私も入れて/ 参加させて

19. He’s my age. 彼は私と同い年だ

20. Take it easy. くよくよしないで/ 気楽にやれよ/ がんばりすぎるなよ

次の動画のように使うことができます。

【MarieTV】自分を傷つけることをやめよう Stop Self-Sabotage With This One Vital Step
take it easy

21. What a pity! 残念だね

22. Help yourself! ご自由にどうぞ

A: Can I have some tea?
A: お茶を頂いてもよろしいですか?
B: Help yourself!
B: ご自由にどうぞ。

23. I’m on a diet. 今ダイエット中

24. Keep in touch. 連絡を取り合おうね

25. Who’s calling? どちら様ですか?

電話がかかってきた時、かけてきた相手は誰なのかを知りたい時に使うフレーズです。
“Who’s this?” も同じ意味ですが、ちょっとストレートな表現で、ビジネスシーンで使うことはお勧めしません。

26. Who’s it? 誰からの電話ですか?

他の人が電話に出てくれた場合、電話のかけてきた相手が誰か聞きたい時、”Who’s it?” と言うことができます。

27. I can’t help it. どうしようもないんだ/ 我慢できない

28. It’s up to you! それはあなた次第だよ

29. Don’t let me down. がっかりさせないでよ

“Don’t disappoint me.” とも言えますよ。

30. Go for it! 頑張って

人を励ますとき、「目標に向かって頑張って」のように使えるフレーズです。「Try your best 」、「Give  it  a try」とも言えます。次の動画のように使うことができます。

グーフィーの初恋 Goofy’s First Love | A Mickey Mouse Cartoon | Disney Shorts
Go for it,Goofy!

Part Ⅰ はこれで終わりです。いかがでしたか?
これらのフレーズを覚えておくと、外国人の友達とさらにスムーズに会話ができるのでしょう。
みなさんぜひ日常会話で使ってみてください。
Part Ⅱ はまだ執筆している段階です。もう少しお待ちください!次回お楽しみに!

ライター/ Mikae Wu
翻訳/ Jennifer
画像/Ashton Bingham, CC licensed

Related Post

Comments are closed.