popup ad

【英会話】You’re Welcome って使わない?ワーキングホリデーで使えるオーストラリア英語表現

Erina 2017 年 04 月 10 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアのイメージと言えば、
シドニー・オペラ・ハウス、グレート・バリア・リーフ、コアラなどでしょう?
さらに、オーストラリア英語って私たちが今まで勉強してきたアメリカと比べたら、
訛りがあって特有の発音や言い回しなどが特徴的ですね。
Thank you に対する返事も You’re welcome で通じない!?
今回ワーキングホリデーを経験した VoiceTube スタッフから聞いた
普段使えるオーストラリア英語表現をまとめました。

australiaenglish

日常会話編

Aussie/ OZ

一般的に オーストラリア人は Australian と呼ばれていますが、もうひとつの呼び名があります。それは Aussie です。なので、Australian English は Aussie English とも言えます。また、Aussie の発音は OZ と似ているので、OZ という愛称もあります。

G’day.

Good day の意味で、挨拶のときによく使います。次に紹介する動画を見て、どういう場合に使うのがチェックしてみましょう!

オーストラリアのスラング vs イギリスのスラング (Australian vs British SLANG | English Vocabulary and phrases with Lucy!)
australiaslang

No worries.

よく使われる表現ですね。お礼を言われたときあるいは謝れたときに使える「いいえ」「大丈夫だよ」などの返す言葉です。カジュアル、フォーマルの場面関係なくよく使われていますね。

A: Oops! Sorry.
A: あ!ごめんなさい。
B: No worries.
B: 気にしないで。

A: Thanks a lot!
A: 本当に感謝してる!
B: No worries.
B: とんでもない!

Ay?

よく聞き取れないときに使う表現です。Pardon と同じ意味ですが、Ay? はもっとカジュアルです。

Good on ya./ on’ya

Good on you のカジュアル表現です。Good job の使い方とほぼ一緒です。

bloody…

Bloody は実は「血だらけ」という意味として使われることもあります。しかし、ここでは「非常に」という意味で、形容詞の意味を強調するための副詞です。イギリスでもよく使われます。

【英会話】海外でアパートを探すときに覚えておきたい英語フレーズ
(Real English: Phrases for finding an apartment)
apartmentenglish

I’m bloody tired today.
今日はマジで疲れたわ。

You’re a bloody idiot.
マジでバカだな。

Bloody hell!!!!
くそっ!!

That was a bloody good idea.
それは本当にいいアイデアだね。

ta

Thank you の意味です。カジュアルな会話で使うことが多いですね。

mate

「友達」「あなた」という意味です。挨拶をするときあるいは誰かを呼びかけるときに使う表現です。男性が使うことが多いです。アメリカ英語の “dude” “bro” と同じ意味です。

Good morning, mate!
おはよ!

食べ物編

tea 晩ごはん

アメリカ英語では “dinner” なのですが、オーストラリア英語ではなんと晩ごはんを “tea” と呼びます!「Tea ってお茶じゃないの!?」実は昔イギリスでは dinner (主食) は昼間に食べてられて、残りものは夜に食べることから tea と呼ばれたのです。面白いですね。

Tea is ready!
晩ごはんできたよ!

Have you had tea yet?
晩ごはん食べた?

tomato sauce ケチャップ

日本でいわゆるケチャップです。オーストリアでは ketchup と言わなく、tomato sauce と呼ばれます。ここは注意してください!

chips ポテトフライ

chips は実はポテトチップスではないんです!アメリカ英語では french fries あるいは fries というのが多いですね。イギリスで有名な fish and chips の chip もポテトフライのことですよ!

fishandchips

capsicum ピーマン

日本語では「ピーマン」なんですけど、そのまま言ったら通じないですね。オーストラリアでは「ピーマン」のことを capsicum と呼ぶそうです。ちなみに、アメリカでは green pepper あるいは pepper と言います。

ちなみに、次の動画に出てくる smoked paprika は「燻製のパプリカ」ではないんです!実はこれは香辛料の一つで、唐辛子属のパプリカと唐辛子を乾燥し粉末にしたものです。

【料理】シェフが教える家でも作れるチキンパエリアの作り方 (How to cook chicken paella with Curtis Stone – Coles)
capsicum

snag ソーセージ

アメリカ英語では sausage です。この場合、sausage も通じます。

spud じゃがいも

アメリカ英語では potato です。この場合、potato も通じます。

prawn エビ

アメリカ英語では shrimp です。次に紹介する動画にはオーストラリアからのシェフがスーパーに売っているエビをおいしく料理する方法を説明します!

【料理】冷凍のエビでもおいしくできる!エビの焼き方を紹介 (How to cook prawns with Curtis Stone – Coles)
prawn

Hungry Jack’s バーガーキング

実は Hungry Jack’s は日本でも馴染みのある Burger King (バーガーキング) です。実は当時オーストラリア市場に参入した頃、Burger King という名前の会社がすでにあったので、仕方なく Hungry Jack’s に改名したそうです。

最後に

オーストラリア女優のニコール・キッドマンのインタビューを観てみましょう!彼女は映画ではきれいなアメリカ英語で話すイメージですが、インタビューではオーストラリアアクセントですね。

ジミー・ファロン、ニコール・キッドマンとデートするチャンスを逃していた
(Jimmy Fallon Blew a Chance to Date Nicole Kidman)
nicolekidman

いかがでしたか?今回オーストラリア英語表現をいくつかをまとめてみました。本当に今まで勉強してきたアメリカ英語と違って、英語って楽しいと改めて感じました。次回はまたオーストラリアの特有のスラングを紹介したいと思いますので、お楽しみに!G’day and enjoy Australia!

ライター/ Leah Han
翻訳・編集/ Erina K.
画像/ Frances Gunn, CC Licensed. fish and chips, CC Licensed.

Related Post

Comments are closed.