popup ad

【英語表現】「酔っ払った」を「I’m drunk」以外を使って言ってみたい!

Kana 2017 年 05 月 05 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行って、さぁ、バーで一杯飲もう!
そう思った矢先、どう注文すればいいかわかんないってことありますよね。
酔っ払ったにも違いがあって、色んな言い方があります。
そもそもバーに行く勇気がない人も、これを見ればバッチリ!

VoiceTube とは:

英語発音の YouTube 動画に日本語/英語字幕を付けました。
もちろん、字幕だけではありません。ワンタップ辞書、フレーズ再生、自分だけの単語帳作りなど
YouTube を使って動画を英語勉強している人には最適なサイトです。
こちらのブログでも VoiceTube の動画を使いました。
もしよければ、クリックして動画を見てみてください。
では、早速ブログへ!

注文の仕方

一番の山場であり、一番の要。注文です。
バーテンダーに注文する時に、絶対使えるフレーズを紹介します。

Can I get a beer?/ I’ll take a beer./ I’ll have a beer. + please  ビールをください

bottle/draft ボトル / ドラフトビール

bottle  (ボトル) は瓶ビールです。
そして、draft ドラフトは beer tap  (ビールタップ) から直接注ぐビールのことで、ビールサーバーの注ぎ口、つまりは生ビールということです。

cocktail/ shot カクテル / ショット

英語でそのまま訳されているので、意味はすぐ連想できますよね。
cocktail カクテル,ベースとなるお酒に他のお酒またはジュースを混ぜたものです。ショットはと言うと、アルコール度数の高いお酒を一気飲みすることなので、お酒が弱い方は気をつけましょう。

on the rocks/ neat 氷入り / 氷なし

カクテルを注文すると、バーテンダーに氷はいかがですか?と聞かれます。
on the rocks が氷入り、日本語の、オン・ザ・ロックとまったく同じです。
neat が氷なしです。

ここで、総まとめとして実際使っている所の動画を選びました!

【実用英語】バーで使える英語 注文編

会話の始め方

お酒の注文も慣れてきましたか?次は、隣にいる楽しいそうなグループの人たちと話したい!
そんな開口一言を紹介します。

I’m new here. Do you mind if I join? ここ初めてなんだ、一緒に飲んでもいい?

大勢の人に話しかけるのは、ちょっと緊張してしまう人も大丈夫です。堂々と話しかけましょう!
もちろん、お酒の力を借りるのもありです。笑

The food/drink here is great! ここの食べ物/飲み物は最高だよ!

Have you tried their burger/Martini? ここのハンバーガー/マルティーニ は試した?

話題探しには共通点が欠かせない!もちろん初対面で共通点なんて見つかるわけがない!そんな時は、バーの食べ物、飲み物から初めましょう。そうすれば、話題が好きなお酒や食べ物に広がるかも。

What’s good on the menu? ここの有名な食べ物は何?

聞かれた人は悪い気分はしないフレーズですよね。おいしい食べ物が嫌いな人なんていないはずですからね。
たとえ何が有名か知らなくても、何を注文したか聞いたりすることができます。

What’s your favorite drink here? ここで一番好きな飲物は何?

食べ物系の質問は答えやすいですよね。
これを聞いて、距離を縮めよう!

I love your shoes! かわいい靴!

Like より、love を使ったほうがより「かわいい!」っていうことを強調できます。

Do you know the host of the party? このパーティーの主催者は知り合い?

外国のパーティーは大勢の人が参加しているため、共通の友達である主催者から会話を始めるのも悪くありませんね。

How did you know each other? どう知り合ったの?

What’s your plan for Christmas? クリスマスの予定はある?

クリスマスだけでなく、どんな休みでも使えます。
休みはみんなが楽しみなことですからね、休みの予定をシェアをしてみては?

What do you do for a living? どんなお仕事をしているの?

場を見極めて使う質問です!ビジネスの場では、当然使っても問題ありませんが、カジュアルなパーティーの場では、相手の反応を見ながら、空気を読みながら聴きましょう。

Cheers/ Bottoms up! 乾杯!

酔っ払ったの色んな言い方

お酒も入り、嗜む程度、ほろ酔い、ベロベロ、酔ったにも様々なレベル?がありますよね。
そんな色んな言い方を紹介します。

tipsy ほろ酔い

Sarah got tipsy after she had two pints of beer.
Sarahはグラス2杯のビールでほろ酔いになった。

ほろ酔いの単語を使っている動画を選びました。クリックして聞いてみよう。

drunk 酔っ払った

He claims that he never gets drunk; but his stumbling betrays him.
自分は酔っ払わないと彼は言ってたけど、あのフラフラした足が全てを物語っている。

drunk この単語は通常の酔っ払った状況を指します。
もうベロベロで、ろれつが回らない、家にも帰れない時はこの単語が使えます。

wasted/ hammered/ pissed/ wrecked/ smashed ベロベロ

Hail a taxi for him. He’s smashed.
タクシー捕まえてあげよう。彼はもうベロベロだから。

Can you send me home if I get wasted later?
もし、ベロベロに酔っ払ったら、家まで送ってもらえる?

intoxicated 酔った

The police: “I have to give him a ticket. He’s apparently intoxicated.”
警察:「切符を切らなければないらない、彼は明らかに飲みすぎている。」

intoxicated この単語は「うまく喋れない程酔っていて、歩けない」ことを強調します。よく警察などの検問の時に使われ、比較的硬い使い方です。

to have a hangover 二日酔い

I regret staying at the pub all night because I’m having a bad hangover now.
一晩中バーに居たこと後悔してる、二日酔いだから。

※  hangover の前の a を忘れずに!

最後に

お酒を飲んだ席での使える英語表現いかがでしたか?
日本にいる時は、1人で飲むのが好きなのに、海外に行くと、雰囲気もあって周りの人と話したくなりませんか?
そんな時是非このブログで紹介された表現を使ってみてください。
でも、お酒はほどほどに笑
また次回!

ライター / Diana Tai
翻訳 / 川合 佳奈
画像 /Brad Fickeisen, CC licensed

Tagged with: , , ,

Related Post

Comments are closed.