popup ad

【いまさらシリーズ】数量詞 a few/ a little/ a lot of の違いを分かりやすく解説!

Leonard 2018 年 11 月 27 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまさら聞けない a few/ a little/ a lot of の違い!
英語の数量詞を基本から見直そう!
動画もつけて分かりやく解説します。

もうこれであなたも TOEIC, TOEFL, 英検で
もったいないミスをしない!

数量詞を理解するにあたって、最も大事となるのは、可算名詞と不可算名詞をしっかり区別することです。

可算名詞とは?

人、物、動植物など、1つ2つと数えられるもの。境界や形がはっきりしている。

不可算名詞とは?

液体や気体、抽象的なものなど、1つ2つと数えられないのもの。境界や形がはっきりしていない。

*間違えやすい不可算名詞*
数えられそうだけど、実は不可算名詞として扱われる英単語をここでリストアップ!

  • food 食料
  • bread パン
  • cheese チーズ

“two breads” や “three cheese” とは言いません!ただし、以下の数え方なら可能です。

“two pieces of cheese” 「チーズを 2 かけら」
“two slices of bread” 「パン 2 切り」
“two loafs of cheese / bread” 「2 かたまりのチーズ / パン」

  • fruit 果物

一般的には “fruits” とは言いません。

  • meat 肉

野菜は可算名詞(”vegetables”)

  • pork/ beef/ chicken 豚肉/ 牛肉/ 鶏肉

「肉」を指すときは不可算名詞だが、動物としての “pig” “cow” “chicken” を指すときは可算名詞

  • fish 魚肉

「魚肉」を指すときは不可算名詞だが、動物としての魚は数えられるものだから可算名詞。ただし、”fish” は例外で複数形に変形しない。”two fishes” ではなく、”two fish” なので、要注意! ちなみに、「羊」の “sheep” も 1 頭ずつ数えられる可算名詞だが、複数形に変形せず “two sheep ” となる。

  • clothes 服
  • furniture 家具
  • luggage/baggage 手荷物

“bag” と “suitcase” は可算名詞(”bags” “suitcases”)

  • information
  • advice
  • news

加算不可算名詞のSについて‐もう間違えないで

後ろに可算名詞がつく数量詞 few/ a few

  • few 「少数しかない;ほとんどない」ネガティブな意味を含む

He has few friends at school.
彼は学校に友達がほとんどいない。

  • a few 「いくつか」

He has a few friends at school.
彼は学校に友達が数人いる。

few / a few は意味は似ていますが、few は a few よりさらに少ないとき、ほとんど 0 に近いときに使います。a がない方、つまり文字が少ない方が、数も少ないと覚えよう!

  • several 「いつくか」
  • a number of 「いくつか」
  • a large number of 「多くの」
  • many 「多くの」

He owns a number of cars.
彼は車を数台持っている。

She owns a large number of houses in New York.
彼女はニューヨークに多くの住宅を所有する。

Many employees went on strike for a better treatment.
多くの雇用者が待遇の向上を求めてストライキした。

後ろに不可算名詞がつく数量詞 little/ a little

  • little 「ごくわずかな、ほとんどない」ネガティブな意味を含む

There is little milk in my glass.
私のグラスには、ごくわずかなミルクしかない。

  • a little 「少量の」

There is a little milk in my glass.
私のグラスには、少量のミルクがある。

little / a little は few / a few の時と同様、little の方が a little よりさらに少ないことを意味します。a がない方、つまり文字が少ない方が、数も少ないと覚えよう!

  • much 「多量の、たくさんの」
  • a great deal of「多量の、たくさんの」
  • a large amount of 「多量の、たくさんの」

不可算名詞でも可算名詞でもいける数量詞

  • no 「一つもない、ちっともない」
  • any 「どれでも、どれほどでも」
  • some 「いくつか、いくらか」

any と some の違いは、any は疑問文と否定文もしくは “否定” の意味を持つときに用い、some は肯定文もしくは相手に何かを求めるときに用います。

I have no food in the fridge.
冷蔵庫に食べ物が全くない。

Is there any chocolate cake left?
チョコレートケーキは残ってる?

I bought some furniture for my new apartment.
新しいアパートのためにいくらか家具を買った。

Can I have some napkins? (相手に物を求める文は some を用いる)
ナプキンを数枚もらっていいですか?

  • a lot of / lots of 「多量の、たくさんの」

I brought a lot of books today.(books = 可算名詞)
今日、本をたくさん持ってきた。

I brought a lot of water today.(water = 不可算名詞)
今日、水をたくさん持ってきた。

  • most 「ほとんどの、大部分の」
  • a large quantity of/ large quantities of 「大量の」
  • enough 「十分な」
  • plenty of 「十分な」

「運なし」は何て言う?”Not too many lucks.” それとも “Not too much luck.” ??
答えは動画をチェック!ついでにケイン君の心温まるストーリーも日本語・英語字幕付きで見てみよう!

子供の夢-自分のゲームセンター

 

VoiceTubeでは動画が豊富!

ボイスチューブは、見て、聞いて、しゃべる英語学習アプリ。ジャンルを問わず、数万本に及ぶ動画を日英字幕付きで提供しております。リピート機能があったり、字幕の単語を選択するだけで意味が確認できたり、あなたの英語学習に役立つ機能も豊富。さらに、「スピーキングチャレンジ」や「クイズ」で英語の実践テストを受けることもできちゃいます。アプリをダウンロードして、気軽にいつでも、どこでも、リスニングを鍛えよう!英語学習は楽しくなきゃ!

↓↓VoiceTube アプリの無料ダウンロードはこちら↓↓

文/ Leonard
画像/ Sharon McCutcheon, CC Licensed

Related Post

Comments are closed.