「イカ」を英語でいうと?”squid”以外のイカの呼び方と違いとは?

「イカ」を意味する英語は一般的には
「squid」言いますが、実は他にも
様々な呼び方が英語にはあります。
英語を公用語として使う国でも国によって
呼び方が違ったり、種類によっても名称に
様々な違いが合ったりするのです。今回は
世界の様々な「イカ」の英語名称を紹介します。

 

イカを英語でいうと?

まず英語でイカと言えば、「squid」が一般的です。この表現は英語ネイティブのほとんどに通用するので「イカ= squid」と覚えておきましょう。

これは「イカ」の総称としての意味合いが強いです。
例えるなら、犬は犬種ごとに様々な名称がありますが、総称して「犬」と呼ぶのと同じような感覚です。

Various regions of Japan have their own distinctive squid dishes.
日本各地で、その地域独特のイカ料理が楽しまれています。

Fresh squid is translucent.
新鮮なイカは身が透き通っています。

squid の発音をボイスチューブの動画でチェック!

【TED】エディス・ウィダー: いかにして巨大イカを見つけたか (How we found the giant squid | Edith Widder)

イカの英語!ネイティブが使う 3 つのイカの読み方と発音

 

イカの英語名について詳しく見ていきましょう。イカには様々な種類があり、呼び方も多種多様です。イカの英語名と違いについて知ってみましょう。

1. cuttlefish(インクフィッシュ)

基本的に墨を吐き出す頭足類を指します。インクフィッシュと呼ばれる種類は 300 以上もあり、タコもこの名称で呼ぶことになります。イカを限定して言う際は「cuttlefish」などと呼ぶところもあるようです。

ちなみにイカ墨は「squid ink」と言ったりもします。

There’s tons of cuttlefish in the lake.
この湖にはたくさんのイカがいるんだ。

 

 

2. calamari(カラマリ)

「calamari」は、イタリア語のイカという意味で英語ではイカという意味ではありません。しかしイカ料理を伝える場合、この「calamari」という表現を使います。

主に英語ではイカ料理のことを指す時にだけ使う表現で、パスタやピザなどイタリア発祥の料理名で「calamari pasta」「fried calamari」などがあります。和訳すると「イカパスタ」、「イカリングフライ」という意味合いになります。

 

A lot of Italian food incorporates calamari for better taste.
多くのイタリア料理には食感をよくするためにイカを使います。

 

3. devil fish(デビルフィッシュ)

デビルフィッシュは、マンタやウツボなど軟骨類の魚の総称でもあります。同じ軟骨類としてイカやタコも devil fish と呼ぶ事があります。地域によっては頭足類系の動物全てを「devil fish」と総称したりもします。その名の由来は宗教的に悪魔の魚というイメージを持たれていて、食べると病気になるという迷信があり、今でも全く食さない地域もあるようです。

 

Hey, you’re the one who insisted on getting up before dawn to try to catch some devil fish.
おい、一番いい魚を釣るために、夜明け前に起きるんだって言い張ったのは君だよ。

 

世界各国のイカの種類の英語名称

イカは全世界では約 400 種以上も発見されていて、日本近海でも 140 種は存在するとされています。その中でもよく見かける食用は 13 種ほどあります。ここでは日本でもよく見かけるイカの種類の中心にそれらの英語名を紹介していきます。

 

1. Bigfin reef squid(アオリイカ)

アオリイカは「Bigfin reef squid」と呼ばれ、数あるイカの種類の中でも最も高級と言われています。5 月~ 8 月頃まで捕獲でき、身が薄いコリコリとした食感と甘みが絶品のイカ。アメリカ本土ではこの種類を目にすることは少なく、日本人好みのイカといえます。

 

2. cuttlefish(カトルフィッシュ)

「cuttlefish」は、日本ではモンゴイカと呼ばれ、ヨーロッパなどでも親しまれているイカの品種です。日本ではお寿司のネタとして使用されることが多く、甲が肉厚で大きいイカのことを指します。

 

3. firefly squid(ホタルイカ)

ホタルイカの存在はヨーロッパでしか馴染みがなくアメリカでは通じない英語とされています。日本でも希少種であり、主に刺身として食べるのが主流ですが、生魚を食べないヨーロッパの地域の人からすると、ホタルイカを刺身で食べる日本食はとても目新しい食べ方と捉える方が多いそうです。

 

4. giant squid(ダイオウイカ)

ダイオウイカはその名の通り、全長が数十メートルにも成長するイカの種類で最も大きなもので、伝説の「クラーケン」のモデルになった品種です。日本でも深海に住むことが確認されています。一応食べることもあるそうですが、一般的ではありません。

 

5. Lesser flying squid(ニセマツイカ)

東太平洋からニュージーランド沖でよく釣れるイカで、この「flying squid」と名前がついた品種のものも「calamari」として使用されています。全長はオスが 16㎝、メスが 27㎝ 平均で日本でお馴染みのスルメイカに酷似しています。

 

6. dried squid(スルメイカ)

スルメイカは「dried squid・ドライスクイッド」と呼ばれ、日本の総水揚げ量の半数を占めるほど、日本近海では年中取れる種類です。アメリカでは、アジア系のスーパーなどで稀に見かけることがありますが、日本ほど馴染みのある品種ではないようです。また他の地域では「dried cuttlefish」とも呼ばれ、どちらでもスルメイカを指す名称です。

 

以上、世界の英語圏の「イカ」にまつわる紹介でした。

犬の犬種も多種多様あるように「イカ」の品種もたくさん存在し、その品種ごとに英語でも名称が異なります。

特にイカを使った料理では品種により英名も変わるので、いくつかの名称を覚えておけば、あなたの英語の表現の幅が広がることは間違いないでしょう。今回紹介した例文を参考にしてぜひ実践の英会話でも役立ててみてください。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

楽しく生きた英語を学びたいなら、 VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

文/ Aki
翻訳/ Aki
画像/Sam Lee, CC Licensed