popup ad

「じゃ、またね」って英語で何て言う? 英語で「さよなら」の簡単 3 ステップ!

Leonard 2018 年 08 月 30 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Goodbye は知ってるけど、どう切り出していいのか分からない…
「そろそろ帰るね」って英語でなんて言うの…
今回は、そんな時に使える便利な表現をご紹介します。

まずは、Goodbye や Bye 以外に何があるのでしょう?字幕付き動画で解説を見てみよう!

Goodbye の他に使える 5 つのフレーズ

ここまでで既に、Goodbye 以外にいくつか「さよなら」のフレーズを言えるようになりましたね。もう知っているというフレーズもあったと思います。しかし、日本語でもそうですが、唐突と「さよなら」とか「またね」と言って帰るのも不自然ですね。「じゃ」とか「もうそろそろ帰らないと」など、繋げの言葉が必要です。

そこで、今回ボイスチューブが絶対使える簡単 3 ステップを紹介します。この簡単 3 ステップだけ覚えていれば、ネイティブの表現をあなたも習得できます。

1. 話が落ち着いたと思ったら、「それでは」「じゃ」の意味で、

Well…

Alright…

Anyway…

OK…

*補足*
It’s getting late…
もう遅くなってきました…

2. その次に、

ステップ 2 では、何か用事があることを相手に伝えるか、以下の表現で「遅いから、私はもう帰ります」ということを伝えるとナチュラルです。

I should be going. / I should get going.
もうそろそろ行かないといけない。

この表現はきれいな言い方です。かしこまった場面や友達に対しても使える便利な表現です。

I gotta go. / I gotta get going.
もうそろそう行かないと。

ちょっとインフォーマルな言い方です。仲のいい人や知り合いに使いましょう。

I’m outta here.
もう行くね。

カジュアルな表現ですので、上司などに対しては使わないように。言い方や場面によっては、ポジティブにもネガティブにも聞こえるので、トーンには気をつけましょう。

3. 最後に「さよなら」

先ほど、動画でも紹介された 5 つのさよならフレーズは覚えてますか?

See ya! / See you!
またね!

Take it easy!
気をつけて!

Have a good one!
いい一日を!

Take care!
気をつけて!

Catch you later!
またね!

このいずれかのさよならフレーズを最後に付け加えると 3ステップの完成です!

 

*補足*
他にも「さよなら」フレーズは様々。以前のブログでも取り上げました。この簡単 3 ステップに応用できたら、カッコイイかも笑。
【実用英語】ダサい Goodbye にさよなら。「さよなら」のパターンを増やそう!

それでは、実践!

実際に動画を見て、今日紹介したフレーズを復習しよう!

「じゃあね」ってどう言う?

VoiceTubeで英語を学ぼう

VoiceTube (ボイスチューブ)では他にも、ジャンルを問わず、あらゆる動画を日英字幕付きで投稿しております。リピート機能があったり、字幕をタップするだけで意味が確認できたり、あなたの英語学習に役立つ機能も豊富。アプリをダウンロードして、気軽にいつでも、どこでも、リスニングを鍛えよう!英語学習は楽しくなきゃ!

↓↓VoiceTube アプリの無料ダウンロードはこちら↓↓

文/Leonard
画像/Camylla Battani, CC Licensed

Tagged with:

Related Post

Comments are closed.