「対応する」を英語でいうと?ビジネスでのシーン別で表現方法を徹底解説!

ビジネスの場面で「迅速に対応します」と英語で伝えるには?シーン別にご紹介!

「対応する」を表す英単語

ビジネスシーンでは顧客やクライアントに「迅速に対応します」と伝えることがよくありますよね。

「対応する」を英語で言うには「take care of〜」、「deal with ~ 」を使うのが一般的です。

どちらも「〜に対処する」「〜を処理する」という意味があり、ビジネスシーンによく使われます。

何か問題が起きたときに「迅速に対応致します」と言うには「I will take care of this right away. 」と伝えましょう。

「right away」は「迅速に」「すぐに」という意味があり、「take care of〜」とセットで使われます。

「対応する」の英語例文

ビジネスシーンに「対応する」は「correspond(応じる)」、「react(応える)」、「respond(返答する)」も使われます。クレームの対処や問題を解決する場合は「solve an issue」が適切です。「問題を解決する」といったニュアンスを含みます。

I’ll deal with it right away.
早急に対応致します。

「迅速に」・「急速に」は「quickly」「rapidly」 もあります。

I’ll deal with the problem immediately.
その問題に迅速に対応します。

deal with の実際の使い方を動画で見てみましょう!

【TED】アンディー・プディコム 『必要なのは10分間の瞑想だけ』

広い意味をもつ「対応する」は英語では使い分けるべき

英語で「対応する」と言うには「take care of 」と「deal with」が最もよく使われます。どちらも顧客やクライアントに対してビジネスシーンで使えます。メールや電話に「対応する」場合は「respond」、「reply」が適切です。顧客の要望には素早い対応が求められます。「迅速に対応する」「deal with it right away」と迅速に対応するニュアンスを含めると丁寧です。

Take care of the matter right away.
その事柄に迅速に対応してください。

We have to deal with the problem immediately.
私たちはその問題に直ちに対応しなければなりません。

Thank you for quickly responding to the matter.
迅速にご対応いただきありがとうございます。

The company did not respond to our request.
その会社は私たちの要求に対応しませんでした。

ビジネスシーンの「対応します」の使い方をマスターしよう

ビジネス場面で「対応する」と言うには「take care of 」と「deal with」が一般的です。ビジネスメールで「対応する」場合は「Respond(応答する) 」「Reply (返答する)」を使いましょう。「迅速に対応する」は「Respond quickly」です。

楽しく生きた英語を学びたいなら、

VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Mavis
画像/ Unsplash