「income」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

ビジネス英語を使われる方は必ず目にする「income」。本記事では、「income」の意味と使い方を徹底解説します。「income」はTOEIC600点レベル、ビジネスでの重要単語なので是非使えるようになりましょう!

「income」の意味と使い方を例文とともに解説!

「income」の意味と使い方について、例文から詳しく解説していきます。

「income」の意味は?

「income」の意味は、「収入」「所得」「収益」です。

名詞「income」の使い方は?

名詞「income」は単体で「収入」として使われる場合と、「形容詞+income」の型で使われます。

「income」が単体で使われる場合の例文です。

I have an income of two hundred thousand yen a month before taxes.
私は税引前で月 20 万円の収入があります。

My spending exceeded my income last month.
先月は支出が収入を上回ってしまった。

My income is double what it was five years ago.
私の収入は 5 年前の 2 倍です。

My income has increased (decreased) over the last month.
先月より収入が増えた(減った)。

※補足※
1つ目の例文に「before tax」というフレーズがあります。こちらは、「税引前」という意味でビジネス英語として頻出です。また、「after tax」は「税引き後」でよく使われます。

次に、「形容詞+income」で使われる場合についてご紹介します。

まず、「high / low + income」の場合です。
こちらは、低所得、高所得という意味になります。

high income
高所得

low income
低所得

次に、「a yearly / an annual + income」で「年収」となる場合です。year は一年という意味ですよね。対して、anual は「一年ごとに、一年ごとの」という意味があります。例えば、「annual report」で「年間報告書」、「annual rainfall」では「年間降水量」となります。

a yearly income 
年収

an annual income 
年収

収入を人に聞くときの例文をご紹介します。

What is your income?
収入はいくらですか?

人に、収入がいくらかと尋ねるときは、「How much~」ではなく、「What is your income?」という疑問文で聞きます。ですが、収入を尋ねることはややタブーなところもあるので、興味があっても親密な仲出ない限り、聞かないことをオススメします。

最後に、「a two + income」という組み合わせについてです。income が2つあるので「共働き」という意味になります。

a two-income family
共働きの家庭

「income」の読み方

「income」の発音記号は[ínkəm]です。
カタカナで表すと、[ンカァム]です。
アクセントは始めの[]にあります。

「income」の読み方は下記の動画で確認してね

まとめ|ビジネスで頻出「income」の意味を覚えよう!

「income」の意味と、使い方をご紹介しました。あまり、自分の収入について話すことはないかもしれませんが、「income」はTOEIC600点レベル、ビジネスでの重要単語なのでぜひ使えるようになりましょう!ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka
画像/ Michael Longmire, CC Licensed