【保存版】実は超簡単!紛らわしい英文法「Either」と「Neither」の違い

「どちらか」や「一方の」と表したい時に使う英語「Either」と「Neither」。しかし肯定文と否定文で意味や使い方が変わったりして、使い分けがうまくできないという方も多いことでしょう。今回は紛らわしい英文法「Either」と「Neither」の意味や違い、使い分けをイラストや例文と一緒に解説します。

「Either」と「Neither」の違いは?

「Either」は「どちらか一方」という意味です。「Neither」は not either を省略してできた英単語で either の否定を表し、「どちらも〜ない」という意味になります。「Either」は either【íːðər | ái-】とアメリカ英語では「イーザー」、イギリス英語だと「アイザー」と発音します。「Neither」は neither【níːðər | nái-】とアメリカ英語では「ニーザー」、イギリス英語だと「ナイザー」と発音します。どちらも【th】の発音があるので、舌を上歯と下歯で軽く挟み、発音すると同時に、奥に引くように発音しましょう。

  • 「Either」を使った肯定文

I want either of these hats.
「この2つの帽子のうち、どちらか1つ欲しい」

  • 「Neither」を使った否定を表す文

I want neither of these hats.
「この2つの帽子のうち、どちらともいらない」

より細かい違いや使い分け、意味をイラストと例文と一緒に確認しましょう!

「Either」の意味や使い方

either A or B「AかB、どちらか〜」

either A or B で「AかB、どちらか〜」という意味になります。

You can have either fish or chicken.
「魚かチキン、どちらか食べることができます」

If I won the lottery, I want to purchase either a car or a house.
「もし宝くじに当たったら、車か家どちらかを買いたい」

either + 単数名詞 / either of + 複数名詞「どちらか一方の〜」

either + 単数名詞または either of + 複数名詞で「どちらか一方の〜」と表すこともできます。

You can have either of the two dishes.
「2種類のうちから1つ食べることができます」

You can buy either laptop.
「どちらのパソコンを買ってもいいです」

「Either」+否定は「どちらも〜ない」

「Either」は「どちらか一方」という意味ですが、否定文と一緒に使うと「どちらも〜ない」という意味になります。

He doesn’t either smoke or drink.
「彼はお酒もタバコもどちらもしない」

I haven’t watched either ofthese movies.
「どちらの映画も見たことない」

Me either.「わたしも〜ない」

Me either. は否定文で相手に同調するときに使う英語表現です。同じく「わたしも」を表す Me too. は肯定文で相手に同調するときに使います。

A: I like cats.
「猫が好き」
B: Me too.
「わたしも(好き)」

A: I don’t like dogs.
「犬が好きじゃない」
B: Me either.
「わたしも(好きじゃない)」

「Neither」の意味や使い方

neither A nor B「AもBも〜ない」

neither A nor B で「AもBも〜ない」という意味になります。neither に既に否定の意味があるため、not は付け加えず肯定文で使います。また or は not の意味を含む nor に変わります。

I neither smoke nor drink.
「タバコもお酒もしません」

He speaks neither English nor Japanese.
「彼は英語も日本語も話さない」

neither + 単数名詞 / neither of + 複数名詞「どちらとも〜ない」

neither + 単数名詞 / neither of + 複数名詞で「どちらとも〜ない」と表すこともできます。

Neither of the answers are correct.
「どちらの答えも正しくありません」
(= Either of the answers aren’t correct.)

I want to watch neither of these movies.
「どちらの映画も見たくない」
(=I don’t want to watch either of these movies.)

Neither do / am I. 「わたしもそうではありません」

Neither do / am I. で「わたしもそうではありません」と否定文に同調する際に使えます。

A: I don’t like this movie.
「この映画好きじゃない」
B: Neither do I.
「わたしも(好きじゃない)」

A: I didn’t do homework.
「宿題しなかった」
B: Neither did I.
「わたしも(しなかった)」

最後にまとめ!「Either」と「Neither」の違いを整理しよう!

「どちらか〜」

  • either 「どちらか一方の」(肯定)
  • neither「どちらとも〜ない」(否定)
  • either A or B「AかBどちらかの」
  • Neither A nor B「AかBどちらとも〜ない」

相手に同調

  • Me too.「わたしも〜だ」(肯定)
  • Me either.「わたしも〜ない」(否定)
  • Neither do / am I.「わたしも〜ない」(否定)

ボイスチューブの動画でさらに復習しましょう!

【BBC1分英語】これでスッキリ!”Both” / “Either” / “Neither” の使い分け

ボイスチューブなら、エンタメや雑学、ニュースなどさまざまな動画を使って楽しく英語が学べます。今すぐアプリを無料でダウンロードして、楽しい英語学習ライフを始めてみませんか?

VoiceTube 公式 Instagram では、さまざまな英文法や英単語、会話で使える英語フレーズを紹介しています。ぜひチェックしてください!