【1分でわかる英語_#15】日常会話や映画に出てくる英語スラング✨ “freak me out” って?

freak me out とは、フリーミーカウのように発音し、「ビビった!」や「パニクる」という意味の会話でよく使われるスラング的表現です。誕生日のサプライズのようにポジティブな意味合いでも使える surprise に対して「恐怖で驚く」や「パニックになる」など、基本的にはマイナスな感情に対して使います。今回はシーン別 freak me out freak out の意味と使い方、アニメや映画作品の中で出てきた freak me out が用いられたセリフを紹介します!

シーン別: freak me out の意味と使い方

1. 焦ったり慌ててパニクった時

例えば、仕事で期限が迫っているのに大事な書類が全くできていない…と、気持ちばかり焦って頭がおかしくなりそうな時、

I’m freaking out.
おかしくなりそうだ。

I’m panicking. とも言えますが、スラングを使って I’m freaking out. とも言います。

2. 強い驚き・恐怖を感じた時

例えば、暗い場所で急に友達に「ワッッ!」と驚かされて、心臓が飛び出そうなほどビックリした時、

You’re freaking me out!
ビビらせるなよ!

ビックリしてパニックに陥りながら相手にこのフレーズを言います。

3. 怒り爆発、というような時

例えば、彼女が彼氏に内緒で男友達とゴハンを食べに行った時、

He’s going to freak out if he finds out.
彼にバレたら気が狂うかも。

彼の感情が爆発するといったイメージです。

4. 頭がおかしくなりそうな時

例えば、気付いたら携帯電話が彼女からの不在着信で埋め尽くされていたような時、

She’s freaking me out.
彼女のせいで頭がおかしくなりそうだ。

理解不能な彼女の行動に対して、引いているといったイメージです。

このように、だいたい共通するイメージは「感情が大きく揺さぶられて、通常の感情・精神状態ではなくなる」ということです。そんな時、パニックになったりワーッとなったりしますよね。そんな状態になることや、誰かや何かによってそんな状態にさせられた時に使う表現が freak me out です。

「驚く」を意味する surprise との違いは?

surprise は「びっくりする」「驚く」のほかに、誕生日のサプライズなどポジティブな意味に対しても使えるのに対して freak out は「恐怖を感じてびっくりする」や「パニックになる」など基本的には強いマイナスな感情に対して使います。

アニメや映画作品の中で出てきた freak me out が用いられたセリフ

一つ目は、大人気ディズニー映画「アナと雪の女王」より、

Oh well, it was all my fault. I got engaged but then she freaked out、、
実は全部私のせいなの。私が婚約したら、彼女が発狂して、、

二つ目は、ホラー映画「ヴィジット」より、

Don’t freak out!
ビビらないで!

三つ目は、1997年製作アメリカ映画「オースティン・パワーズ」より、

This is my happening baby and it freaks me out.
これは俺のためにあるんだベイベー、シビれるぜ。

ただ映画を見るだけでなく、実際に「耳」で聞いて、音声に合わせて、「口」に出してみたりすることで、より効果的に英語を覚えることができるかもしれません。

freak me out の使い方を
ボイスチューブの動画でさらに復習しましょう。

【映画で英語】名曲が盛り沢山!映画「SING/シング」公式予告編

今回は freak me out の意味や使い方について紹介しました。日常会話でも実際に使われる英語スラングであり、アメリカの映画やドラマでもよく耳にする freak me out の意味や正しい使い方をマスターして、ぜひ会話に取り入れてみましょう!

ボイスチューブなら、エンタメや雑学、ニュースなどさまざまな動画を使って楽しく英語が学べます。今すぐアプリを無料でダウンロードして、楽しい英語学習ライフを始めてみませんか?