「daunting」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

対処が難しい、とても過酷なという表現は「difficult」「hard」「tough」などが一般的に使われます。似たような意味の形容詞で「daunting」という単語があります。イギリスで好まれる表現でうまく使えると表現の幅を増やせるでしょう。今回はこの単語の使い方について解説します。

Netflix人気ドラマ『クイーンズギャンビット』のセリフから学ぶ英語!

NETFLIXで話題になっているの作品の「Queens Gambit」をご存知でしょうか?このドラマは公開からわずか一か月あまりで6200万もの世帯に視聴されたということで全米でとても話題になっているシリーズです。今回はそんな今話題になっているこのドラマから使ってみたくなる劇中のセリフを紹介します。

「ぼくらベアベアーズ」クリスマス スペシャル!3匹のクマのクリスマスの過ごしたかとは?

3匹のクマ: グリズ、パンダ、アイスベアが受け取ったクリスマスの招待状とは一体…? 3 匹のクマのクリスマスの過ごしたかとは? ぼくらベアベアーズだってクリスマスを祝うんですよ~!でも、一体どんなクリスマスを送るのでしょうか?そんな可愛らしい 3 匹のクマの驚きの過ごし方が気になる方は動画をチェック! 友達から届いたクリスマスの招待状とはどのようなもの? 【アニメで英語】『ぼくらベアベアーズ』- クリスマスパーティー 今回のクリスマスフレーズ フレーズ1: Ummm… nah. I’m good. うーん。別にいいかな。 ・I’m good. 一見、good と言っているので「(賛成の)いいよ」に聞こえますが、断る際にも使うフレーズとなっています。 フレーズ2:  Tis the season to be jolly. 楽しむ季節がやってきた。 ・Tis Tis は it is の短縮形になります。少し古い言い回しですので、あまり耳にする回数は多くないと思います。「Tis the season!」は「クリスマスが来た!」という意味です。 フレーズ3: At Nom Nom’s insane holiday bash. ノムノムの狂ったクリスマスパーティー。 ・bash パーティーという言葉は英語の party 意外にも、bash という単語があります。 【🎄VoiceTube クリスマスプレゼントキャンペーン🎄】開催中! ライター/Erika 画像/Canva

「七五三」を英語で表現すると?由来や説明を英語で紹介!

3 歳・5 歳・7 歳をお祝いする行事「七五三」。すっかり秋になり、七五三詣をする季節となりました。日本独自の行事ですが、外国人の方にはどのように説明すれば良いのかわかりませんよね。そこで今回は、子供と一緒に学べる「七五三」の英語表現と、由来の説明方法をご紹介します。

「cumulative」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

cumulative という単語をご存知ですか?難しい単語ですので、今初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?ですが、英文の契約書の作成や様々な書類の審査の際に出てくることもあり、知っておいて損は無い英単語です。本記事では cumulative の使い方や読み方をご紹介していきます。

「ブラックフライデー」を英語で言うと?「セール」で使える英語表現集!

ブラックフライデーはご存知ですか?ブラックフライデーとは 11 月の第 4 木曜日で、今年は 11 月 27 日になります。小売業者でかなりの大安売りが実施されて、今から何を買うか考えている人もいるのではないでしょうか?今回はブラックフライデーの話を交えながら「セール」で使える英語をご紹介していきたいと思います!

【英語フレーズ】Home sweet home(ホームスイートホーム)の意味とは?使い方や用法を例文で徹底解説!

長い出張や、遠出をしてぐったりして家に帰ってきた時には「やっぱり家が一番だ!」と思いますよね。ソファに座ってテレビを点けてゆっくりしているとき、しみじみと感じます。今回はそんな思いを一言で表す英語表現をご紹介したいと思います!

スラングで使われる「jerk」の意味とは?使い方・用法を例文で徹底解説!

海外の映画やドラマを見ていて、男の人に対して「 You jerk !」 と罵っているシーンなどを見たことはありませんか?なんとなくネガティブな意味があるのは感じられるとは思いますが、実際はどのような意味なのでしょうか?本記事では、スラング表現 jerk について深堀りしていきます!

「guess what」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

英語の会話のなかで相手の注意を惹きたい際に使う表現で「guess what?」と「you know what?」があります。どちらも意訳すると「聞いて!」というニュアンスで訳すことができるのですが、実はこの二つの意味はかなり違います。今回はこれらの表現の正しい使い方を解説します。

「cuisine」の意味とは?”foodや”meal”の違いとは?使い方を例文で徹底解説!

郷土料理やその土地の伝統的な料理のことを表現するとき、英語では「cuisine 」という単語を使います。料理や食事を表す単語として広く使われるのは「meal」や「food」ですが、この単語はそういう意味合いでは限定的な状況でのみ用いられる表現になります。今回はこの「cuisine」の正しい使い方を解説します。

「suspect」の意味とは?”doubt”との違いとは?使い方・用法を例文で徹底解説!

物事の真偽や人を疑うということを英語では「suspect」という単語を使います。他にも同じような意味になる英単語はいくつかあるのですが、よく違いの比較をされる単語に「doubt」があります。今回はこの 2 つの単語について解説し、「suspect」の正しい使い方を解説します。

「grit」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

多くの成功者達の華やかな功績の裏には必ず見えない努力があります。こういった影の努力や、やり抜く力の事を英語では「grit」という単語を使います。意訳すると「努力、度胸」を意味するのですが、この意味には色々な含みがあります。今回はこの単語の使い方について解説します。

「こたつ」を英語で言うと?「冬」にまつわる英語表現集!

四季が明確にある日本では毎年寒い季節になってくると暖房器具を準備します。日本の家庭で過ごす冬の代表的な暖房器具といえば「こたつ」です。ただこれは日本独自のものでもあるため、英語で説明するにはなんといえばいいのでしょう?今回は「こたつ」の表現と「冬」にまつわる英語表現について解説します。

「recruit」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

新しい従業員の雇用や、新入社員を募集をするという事を表現したいとき、英語では「recruit」という単語を使いいます。日本語でもこの単語をそのまま使う事のあるほどに浸透している単語ですが、英語と日本語では少し用途が違う部分もあります。今回はこの単語の使い方について解説します。

「spam」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

頼んでもいないのに大量に送られる広告宣伝に関する迷惑メールのことを日本語でも「スパムメール」としばしば呼ぶことがありますが、この語源は英語からきています。そのため英語でも同じ意味合いで「spam」という単語を使います。今回はこの単語の使い方について解説します。

「have 過去分詞」の使い方とは?実用英会話例で使い方を学習!

英語の「have 過去分詞」(現在完了形)が「なんだかわかりにくい」と感じていませんか?過去形と混同する方も多いでしょう。「have 過去分詞」を使った文章は、ネイティブの会話の中でもよく出てくるため、しっかりと覚えておく必要があります。こちらの記事では、3 つの使い方から、過去形との違い、実用的な英会話例文をご紹介。ぜひ最後までご覧ください。

英会話で役立つ「each」とは?意味と使い方を徹底解説!

英単語「each」の使い方はさまざまあり、英語をしっかりと勉強している人でも戸惑うことが多いようです。文法的に理解しておかないと、いざ会話で使おうとした時に困ってしまうかもしれません。そこで今回は、英語例文とともに「each」の意味や正しい使い方をご紹介します。英会話をより楽しむためにも、ぜひ理解を深めていきましょう!

英語の「現在分詞」とは?実用英会話例で現在分詞の使い方を学習!

英語の現在分詞には、さまざまな使い方があり、混乱しやすい人も多いと聞きます。英会話でもよく使われるので、どのように使うのかを知っておくことが大事です。今回は、現在分詞の 3 つの使い方や実用英会話で使える例文をご紹介します。もっと英語の文法を学びたい方は、ぜひお役立てください。

英会話で役立つ「in which」とは?意味と使い方を徹底解説!

関係代名詞が苦手な方にとって「in which」の使い方は、かなり難しく感じられるかもしれません。しかし、長文をスムーズに読むためには、関係代名詞を理解することが必要です。こちらの記事では、「in which」の使い方をわかりやすい例文とともにご説明します。あわせて「of which」についてもご紹介。ぜひご参考にしてくださいね。

【保存版】「made of」と「made from」の違いと使い方「〜で作られている」の英語表現をおさらい

「made from」と「made of」は、日本人にとって違いがややこしい英語表現のひとつです。どちらも「〜から作られている」「〜でできている」を意味します。どちらを使うべきか、迷う方も多いでしょう。そこで本記事では、これらの違いと似た表現の「made out of」「made with」についても解説します。正しく英語を理解したい方は、ぜひチェックしてくださいね。

「contain」と「include」の違いとは?「含める」を意味する英語表現

「contain」と「include」は、どちらも「含める」を表す英語表現です。日本語に訳すと同じ意味に聞こえるものの、意味や使い方には違いがあります。難しく感じる英単語ですが、ニュアンスを理解すれば迷うことなく使えるので安心してくださいね。今回は二つの単語の違いと使い方をわかりやすくご紹介します。

「shout」と「scream」と「yell」の違いとは?「大声を出す」を意味する英語表現

「shout」と「scream」と「yell」は、それぞれ意味合いに微妙な違いがあります。すべて「大声を出す」「叫ぶ」などの意味を持っている動詞ですが、使う場面が異なるので注意が必要です。今回は、混合しやすい「shout」と「scream」と「yell」の使い方を英語例文付きで解説します。

「teacher」と「educator」と「tutor」の違いとは?「先生」を意味する英語表現

先生の呼び方は日本語でもいくつかあります。講師、教師、教授、教育者などそれぞれニュアンスが違います。同じように英語でも意味合いはそれぞれ異なります。今回は「teacher」に意味の似ているこの2つ挙げ、それぞれの単語の使い分けについて解説します。

「have」と「hold」の違いとは?「持つ」を意味する英語表現

日本語訳すると意味が同じ意味になってしまう英単語はたくさんあるのですが、その一つに「have」と「hold」があります。文面によってはこの二つの意味は共に「持つ」となり、どちらを使っても良いパターンもあるのですが、ニュアンスは実は異なります。今回はこの2つの単語の使い分けについて解説します。

「lie」と「lay」の違いとは?意味と使い方、簡単な覚え方を紹介!

横たわるを意味する「lie」とその過去形は「lay」ですが、「lie」には嘘をつく。と言う意味にもなり、その際は過去形は「lied」に変わります。そして「lay」に関しても「lie」の過去形以外の用法で横に置く、携える。と言う意味も持っています。今回はこれらがどの用法で使われるかを簡単に判別する見分け方を紹介します。