「skyline」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

日本語で鉄道や電車の線の一つの名称としてスカイラインと呼ばれる経路があったりしますが、英語でも「skyline」という単語は実際に存在します。今回はこの単語の使い方について解説します。

「skyline」(スカイライン)の意味を解説

「skyline」の意味を例文と共に解説していきます。
名詞として使われる言葉ですが、昔からあった言葉ではなく、線を意味する「line」が空との境界を引くというニュアンスから一つの単語として独立した言葉とされています。

1. 直訳すると水平線

遠方から眺めたときの空と海、空と建物や山などの境となる線のことを意味するのが「skyline」です。なので直訳すると水平線や地平線という意味になります。

This is a fantastic place to see the New York skyline.
ここはニューヨークの街並みの水平線を見るのにすてきな場所です。

As he scanned the skyline, he saw an eagle high in the sky.
水平線を見渡したとき、彼はワシが空高く飛んでいるのを見た。

2. 地平線には別の単語がある(Horizon)

水平線はしばしば「skyline」が用いられますが、地平線を意味する単語は基本的に「Horizon」を使います。意味は非常に似ていますが、こちらは端的に一直線に伸びる境界線を指していて、「skyline」は建築物や山などの障害物が空をなぞって見える空と地上の境界線をさします。

Everyone, please line up horizontally.
みなさん、横一列に並んでください。

Just above the horizon!
水平線のすぐ上に!

「skyline」の使い方

街並みや自然の景色から覗く空を見て、建物などに沿って見える空の輪郭線をさします。ですので周りに何もない景色の遠方に見える地平線を言葉にするときは「skyline」とは言いません。

連山や都市の建築物から覗く輪郭線を意味するので、水平線というより街並みから見える空模様の事を指して用いられます。

I want to climb up to the tallest vantage point in the city to see the skyline.
僕はこの街の一番高いところに登って街並みから見える水平線を見たいんだ。

「Skyline」と 「Horizon」の意味の違い

この 2 つの意味を整理すると以下のように分類できます。

skyline:空と海、地上の境界線。直線ではなく輪郭線の意味合いがあり、自然の中の連山や街並みの建築物から覗く空模様を指す。

horizon:真っ直ぐに広がっていく水平線や地平線。直線的な意味合いがあり、直線的に進むことや並んでいる様を指して使うこともある。

使いこなせるとあなたの英語の表現の幅が広がることは間違いないので今回紹介した例文を参考にしてぜひ実践の英会話でも役立ててみてください。ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター / Aki
画像 / Brad Knight, CC Licensed