「confuse」の意味とは?使い方・読み方・用法を例文で徹底解説!

何かに困惑した時、うろたえさせられたときに使う「confuse」という英単語。その意味を一つずつご紹介します。本記事を読んで、使い分けられるようになりましょう!

「confuse」の意味を例文から解説!

「confuse」の意味を例文から解説していきます。
使い方によって、ニュアンスが変化するので、しっかり確認していきましょう。

1.「をうろたえさせる」という意味

「confuse」1つ目の意味は、「…をうろたえさせる」「当惑させる」です。後でも詳しくご紹介しますが、受動態の型で「…にうろたえる」という意味になります。

例文はこちらです。

The reporters confused me by asking me a ceaseless flurry of questions.
記者から多くの質問を浴びせられ頭が混乱した。

I was confused about which one to choose.
どちらを選ぶべきか迷った。

Don’t try to confuse me with irrelevant facts.
関係のないことを持ち出して頭を混乱させないでくれ。

2.「を混同する」という意味

「confuse」2つ目の意味は、「…を混同する」「取り間違える」です。何かと何かの見分けがつかない場合や、赤ちゃんを取り間違えるという表現をするときに使います。

I confused the butterfly for a moth.
チョウとガを混同してしまいました。

The nurse had confused the twins.
看護師は双子を取り違えてしまった。

3.「を複雑にする」という意味

「confuse」の3つ目の意味は、「…を複雑にする」「を混乱させる」という意味です。

例文はこちらです。

His comment caused further confusion on the issue. 
彼の発言のおかげで問題はいっそう複雑になった。

The new evidence only confused matters further.
新たな証拠は問題をさらに複雑にしただけだった。

このように、「問題が複雑になった」という表現をするときに「confuse」を使います。

「confuse」の使い方と用法を解説

「confuse」の使い方は大きく2つに分けることができます。次の2つです。

  • 能動態「もの + confuse」で使う場合
  • 受動態「人 + be動詞 + confused」で使う場合

それぞれについて、詳しく解説をします。

能動態「もの + confuse」で使う場合

能動態「もの + confuse  + 人」という型で使う場合の直訳は、「ものが人を混乱させる」になります。ものが主語になるのです。意訳をして「もののせいで人が混乱した」とすることも可能です。

The difficult question confused him.
難問は彼を混乱させた。→難問のせいで彼は混乱した。

受動態「人 + be動詞 + confused」で使う場合

「人 + be動詞 + confused」という型で使う場合の意味は、「人が困惑する」になります。
そもそも「confuse」は「ものが人を混乱させる」という意味です。そこで、受動態の型をとって、人が主語になると「人が混乱する」という意味になるのです。

I am confused.
わたしは混乱している。

※補足※
例文のように、「わたしは混乱している。」と表現したいときは、「I confuse.」ではなく、「I am confused.」です。

「confuse」の読み方

「confuse」の発音記号は[kənfjúːz]です。
カタカナで表すと、[カァンフュゥーズ]です。
アクセントは始めの[フュ]にあります。

まとめ|「confuse」の意味と使い方を理解しよう!

今回は、「confuse」の3つの意味と使い方をご紹介しました。何かに混乱した、うろたえさせられた場面で是非使ってみてください!
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka
画像/ Afif Kusuma, CC Licensed