祝日をクビにする?!大反乱裁判

影の薄い祝日がクビにされてしまう裁判、一体何が起こるのでしょうか?

影の薄い祝日とは…?

クリスマスやバレンタイン、ハロウィンなど人気のある祝日たちが、影の薄い小さな祝日を次々と審議していきます。彼らにとって重要ではない祝日とは?その理由は?詳しくは動画でチェック!

祝日をクビにする?!大反乱裁判

動画でチェック   【コメディーで英語】祝日をクビにする?!大反乱裁判

今回のクリスマスフレーズ

フレーズ1:

We are gathered to hear the pleas of all minor holidays to determine if they will be allowed to stay.

私たちは、すべての小さな休暇の嘆願を聞き、彼らが休日として許されるかどうかを決定するために集まっています。

・gather

「寄せ集める」「かき集める」という意味の動詞です。“gather oneself~”で、「身に纏う、抱き寄せる」という意味にもなります。

フレーズ2:

If you get rid of her, you’ll have to get rid of me, too.

彼女を追い払ったら、私を追い出さなければならない。

・ get rid of

「取り除く」「追い払う」という意味のイディオムです。

フレーズ3:

People need a special day to pretend that they’re Irish.

アイルランド人のフリをするには特別な日が必要ですよ。

・pretend

「〜のふりをする」「〜の真似をする」という意味の動詞です。主に幼児が使う言葉で、形容詞として「空想上の」「嘘の」という意味もあります。

VoiceTube クリスマスプレゼントキャンペーン】開催中!

ライター/Miho

画像/Canva