サンタクロースは本当存在するの?長年の謎に科学で迫る

クリスマスの思い出といえばクリスマスプレゼント!でもサンタさんは本当にいるの? サンタの存在を科学的な目線で考察してみた。

サンタクロースは科学的に存在できるのだろうか…?

誰もが子どもの頃1度は両親に「サンタさんって本当にいるの?」と聞いたことがあるでしょう。クリスマスを代表するサンタさん、今回はそんなサンタクロースの存在を科学的な視点から考察してみます!

H2:サンタクロースは本当に存在するの?

サンタって実在するの?科学的に検証してみる!

今回のクリスマスフレーズ

フレーズ1:

According to reliable sources, Santa’s sleigh is pulled by a team of reindeer, the most famous one being, of course, Rudolph.

信頼できる情報源によると、サンタのそりはトナカイのチームに引っ張られており、一番有名なのはもちろんルドルフです。

・ sleigh 

sleigh は名詞だと「そり」、動詞だと「そりに乗る」という意味があります。Santa’s sleigh はサンタさんが乗ってるトナカイが引っ張るあの”そり”になります。

フレーズ2:

Though the math is a little complex, but think of it as the most frustrating example of entropy you’ve ever encountered:

数学は少し複雑ですが、これまでに遭遇したエントロピーの中で最もイライラさせられる例だと考えてください。

・encounter

encounter は動詞で「偶然出会う、遭遇する」という意味です。類義語の meet は単純に「会う」という意味しかありませんが encounter には予期していなかった出会いというニュアンスを含みます。

フレーズ3:

Stupid Edison. I bet Tesla would have figured this out.

バカなエジソン。テスラなら気付いていただろうな。

・figure out

figure out は「理解する、解決する」という意味の動詞のイディオムです。類義語に understand がありますが、understand は「単に状況を把握し理解する」という意味であるのに対して figure out は「(将来的に)状況を理解して、さらに解決策や対策を導き出す」というニュアンスを含みます。そのため figure out は未来形でも使えますが、understand は未来形では使いません。

VoiceTube クリスマスプレゼントキャンペーン】開催中!

ライター/Nanako

画像/Canva