英会話で役立つ「in which」とは?意味と使い方を徹底解説!

関係代名詞が苦手な方にとって「in which」の使い方は、かなり難しく感じられるかもしれません。しかし、長文をスムーズに読むためには、関係代名詞を理解することが必要です。こちらの記事では、「in which」の使い方をわかりやすい例文とともにご説明します。あわせて「of which」についてもご紹介。ぜひご参考にしてくださいね。

「in which」の意味

「in which」は、辞書では「その中に」「それに」という訳が書かれていますが、実際には日本語訳にすることはありません。なぜなら「in which」はあくまで二つの文をつないでまとめる役割があるからです。

日本語にはない英語特有のルールのため、関係代名詞は意味として覚えるのではなく、使い方やルールを覚えるようにしましょう。

「in which」の使い方

「in which」とは、前置詞である「in」と関係代名詞の「which」を組み合わせたものです。

基本的な文章の作り方は、主語+動詞+目的語の後に「in which」を使います。そして「in which」の後には、主語と動詞が来ます。

それでは、「in which」を使う場合の例文を見てみましょう。

This is the apartment in which we used to live.
ここは、私たちがかつて住んでいたマンションです。

上記の文章は、This was our apartmentとWe used to live inといった二つの文に分けることができます。「our apartment」が先行詞です。どのようなマンションなのかを説明するために「in which」を使います。

また、「which」を使って置き換えも可能です。

This is the apartment which we used to live in.

先ほどの「in which」を使った例文と同じ意味を表します。

「in which」と「of which」の違い・使い分け方

「in which」と同じように前置詞と組み合わさっている「of which」。例文を使って、「in which」との違いについてご説明します。

「of which」は「whose」に言い換えられる

先行詞が物の場合には「of which」を使い、基本的には「whose」に置き換えられます。

「of which」の使い方は2通りです。

A:I stayed at multiple hotels in this area, many of which offered great customer service.
私はサービスが素晴らしい素敵なホテルに泊まった。 

B:I stayed at multiple hotels in this area, many of which offered great customer service.
私はサービスが素晴らしい素敵なホテルに泊まった。 

上記の例文はどちらも同じ意味を表します。「in which」に比べると、使い方はシンプルで覚えやすいでしょう。

ただし「of which」は堅い表現のため、日常的な会話ではあまり使われません。「whose」の方が会話には適しています。

まとめ|「in which」は使い方を覚えて苦手を克服!

今回は、「in which」の使い方についてご説明しました。あわせて「of which」の使い方も知っておくと理解が深まります。英語のテストや試験などでもよく出題されるので、使い方をしっかりと覚えて苦手を克服していきましょう。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka Kaneda
画像/Ján Jakub Naništa,CC Licensed