英語の「現在分詞」とは?実用英会話例で現在分詞の使い方を学習!

英語の現在分詞には、さまざまな使い方があり、混乱しやすい人も多いと聞きます。英会話でもよく使われるので、どのように使うのかを知っておくことが大事です。今回は、現在分詞の 3 つの使い方や実用英会話で使える例文をご紹介します。もっと英語の文法を学びたい方は、ぜひお役立てください。

「英語の現在分詞」の基本の形

現在分詞の基本の形は、「動詞の原型+ing」です。使い方にはそれぞれ違いがありますが、過去分詞のように形は変わりません。ただし、「get」が「getting」に変化するように、動詞によっては形が変わる場合もあります。

英語の「現在分詞」の使い方

1. 進行形

「〜している」という進行形には、現在分詞を使います。

【現在進行形】

She is cooking her breakfast.
彼女は朝食を作っています。

上記の例文は、現在進行形として現在分詞の「cooking」が用いられています。

【過去進行形】

 I was taking a bath when you called me.
あなたが電話をしたとき、私はお風呂に入っていました。

上記の例文の現在分詞は「taking」です。「〜した」ではなく「〜していた」というニュアンスがあります。

【未来進行形】

I think I’ll be working at home tomorrow morning.
明日の朝、私は家で働いていると思います。

現在分詞は「working」です。このように、未来のことでも「〜している」と表現できます。

2. 形容詞用法

現在分詞は名詞の前後につけて、形容詞的な使い方もできます。名詞を修復するのが現在分詞の働きです。

【名詞の前につける場合】

I saw a smiling baby—so adorable! 
私は微笑んでいる赤ちゃんを見ました。

上記の例文の場合、名詞の「baby」を修飾しているのが、現在分詞の「smiling」です。

【名詞の後につける場合】

I saw a lot of people running in the park.
公園で走っているたくさんの人達を見ました。

こちらは、現在分詞の「running」が「people」を修飾しています。

3. 分詞構文

分詞構文は、以下のような文章のことを指します。

Studying for the test all day, I got so tired. 
テストのために勉強しているとき、私は疲れました。

「Studying」が現在分詞であり、その後のI got tiredを修復して、疲れた「理由」や「状況」を詳しく述べています。

分詞構文は書き言葉のため、日常会話ではあまり使われません。

「現在分詞」の実用英会話例

現在分詞を使った実用的な英会話例文をご紹介します。

I had a cold but, I’m getting better now.
風邪を引いていたけど、今は良くなってきているよ。

She talked to the crying boy.
彼女は泣いている男の子に話しかけた。

There is no sound coming from my smartphone.
スマートフォンから出てくる音が聞こえない。

I’m sorry to have kept you waiting.
待たせてしまってごめんなさい。

まとめ|英語の「現在分詞」を理解して使いこなそう!

今回は、会話でもよく使われる英語の「現在分詞」の使い方についてお伝えしました。日常会話で積極的にアウトプットしていくことで、理解がより深まります。ぜひこの機会に現在分詞をたくさん使ってみてくださいね。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka Kaneda
画像/ Jenny Hill,CC Licensed