【倒置法】の正しい使い方|英語文法「気持ちが高まる」表現法を解説!

高校時代の英語はたくさんの文法を1年で
詰め込むので挫折した方もいるのでは?
その中でも多くの人が躓いてしまうのが
「倒置」。
「倒置」を攻略して、言葉に気持ちを
乗せられるようになりましょう!!

英語の倒置法を復習!倒置法の正しい文法表現

rarely や never などの「否定」などの意味をもつ副詞が強調のために文頭に押し出され、その結果「疑問文」と同じ形を取ります。疑問文はもちろん、主語と助動詞( be 動詞含む )の語順をひっくり返して作ります。助動詞が無いときは、 do (does, did 含む)を主語に合わせて文頭に置くのでしたね。
文の形は (否定の副詞) + 助動詞 + 主語 + 動詞 です。

なぜ英語表現で「倒置」にするのか?

そもそも、「なぜ倒置にするんだ?」と思いますよね。
英語は元々 主語 – (助動詞) – 動詞 の形で話されるものですが、倒置形はその安定した語順を崩していると考えます。そこには「気持ちの高まり」という概念があり、それに伴ってネイティブたちは結果的に語順を変えています。疑問文の Do you ~ ? もこの発想から考えると、「疑問が湧いていて、質問しているんだ。」こう考えると、自然と話せそうに思えてきませんか?
当たり前ですが、必ずしも高校で習う「否定の倒置」だけが倒置表現ではありません。ブログ後半で紹介したいと思います。

まずは、動画を見て理解を深めましょう。

【BBC】副詞の倒置表現解説 (BBC English Masterclass: Inversion 1: After Negative or Limiting Adverbs)

「倒置文」のいろいろな例文

元の文と倒置文を併せて紹介していくので倒置文を使う時の気持ちを想像してみてください。

Long time no see, Taka. I am happy that I see you again.

久しぶりに会った Taka に対し、少し形式的な感じもしますね。これに倒置表現を加えると…

Long time no see, Taka! Am I happy that I see you again!

「久しぶり、タカ!また会えて嬉しいよ!」

いかがでしょう?興奮して気持ちが乗っていることを感じられていますか?

I have never heard such an entertaining person like you.

この文を倒置文に変えてみると…

Never have I heard such an entertaining person like you.

「お前みたいなおもしろいやつ、今まで見たこと無いよ!」

倒置の文章にしたことで「めちゃくちゃ面白いやつ!」という感想を持っていそうですね。

You not only arrived late, but you came in the wrong attire.

こんな風にはあまり言いませんね。気持ちを乗せないと。

Not only did you arrive late, but you came in wrong attire!

君は遅れてきただけじゃ飽き足らず、さらに間違えた服で来るなんて!

この話者はどうでしょう?イライラしていたり、呆れているのが感じられます。

見ていただいたとおり否定の副詞と倒置の表現は相性が非常に良いのですが、それは否定的な事を言う時にネガティブな「気持ちの高まり」や動きがあるからなんです。「否定の語+倒置」の順番は否定的な気持ちを強く表しているんです。だから最初に否定の語句を頭に置く。そしてさらに文章に抑揚をつけるために 「助動詞 + 主語」の形に直す。これが正体です。

どんどん行きましょう。

Had I planned a little bit better, everything would be fine.

もう少しマシな計画をしていたら、今頃全部うまくいっていただろうになあ。

この形に見覚えはありませんか?そう、仮定法です。仮定法については、1月31日のブログで取り扱っているのでぜひ見てみて下さい。

If I had planned a little bit better, everything would be fine.

元々はこの文章なのですが、上記に挙げてきた文章ほど「気持ちの高まり」が感じられません。 If が消えて、 had や were が文頭に出てくる形です。 仮定法の倒置に関しては、定型文なので文章にはずみや勢いを付けるものという認識で構いません。しかし、試験にはいつ出てくるかわからないので参考にしていただければと思います。

If you should have further questions, do not hesitate to ask me.

もし質問がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

これも If S should V ~ 「万が一〜したら」を使った表現ですね。
では、たった今勉強した If を消した倒置の形に直してみましょう。

Should you have further question, do not hesitate to ask me.

万が一ご質問がございましたら、遠慮なくお尋ね下さい。

ビジネスシーンでよく見かける表現になりました。Should が前に出てきて倒置の形になると意図が伴います。 Should は丁寧さを表すので、その結果 If S should V ~ よりもビジネスシーンに於いては Should V ~ の形になるのです。

If you should need to cancel the reservation , make sure you do so at least 24 hours before you arrive.

これを倒置に直すと

Should you need to cancel the reservation, make sure you do so at least 24 hours before you arrive.

キャンセルされたいときには、少なくともご到着の24時間前にお願い致します。

お客さんに対するホテル側の丁寧さが存分に表れた表現となっています。

今すぐ使える!倒置法の定形表現

I love Post Malone. – So do I!

ポスト・マローン好きなんだ。 ー おれも!

I have not seen DEAN FUJIOKA’s latest movie yet. – Neither have I. I don’t have time to see the movie.

ディーンフジオカの最新映画未だ見れてないの。 ー 私も。映画館まで行って見る時間がないわ。

主語 + 動詞に too をつければ確かに「私ポスト・マローンが好きだよ。」と言えるかもしれませんが、勢いを付けるには倒置を使って So ( Neither )  V + S にして即返答。会話の速度感が感じられる表現となっています。

以上、いくつか仮定法を紹介してきましたがいかがでしたか?一見すると複雑で難しいですが、実は非常にシンプルなんです。使いこなすのは簡単ではありませんが、ぜひ倒置の意味を理解して、少しずつ使ってみてください。

 

楽しく生きた英語を学びたいなら、 VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

 

文/ Shinichiro
画像/Green Chameleon , CC Licensed