【ディズニー名作】「美女と野獣」英語名言・名セリフ10選

魔女の魔法によって醜い姿に変えられてしまった野獣と、見た目だけでなく心も美しいベルの真実の愛を描いたディズニーの名作「美女と野獣」。2017年にはハリーポッターのハーマイオニー役で有名なエマ・ワトソン主演で実写版としてリメイクされ、大ヒットしました。また2020年9月28日には東京ディズニーランドに「美女と野獣」をテーマにしたエリアがオープン!週末には2−3時間待ちになるほど大人気です。今回はそんな名作「美女と野獣」の英語名言・名セリフを10個紹介します。

目次

「美女と野獣」英語版のタイトルと歴史

「美女と野獣」の英語版タイトルは Beauty and the Beast と表記します。beast には野獣という意味があります。原作はフランスの民話で1740年にガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴによって最初に書かれ、1756年にジャンヌ=マリー・ルプランス・ド・ボーモンによって短縮版が書かれました。その後、ディズニー・ルネサンスと呼ばれる1990年代、ゲーリー・トゥルースデイルとカーク・ワイズが監督を務めアニメーション映画を作成、1991年に上映(日本では1992年に公開)されました。美しい描写と音楽、外見に騙されない真実の愛を語るストーリーが評価され、アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞にノミネートされました。その後、2017年にはエマ・ワトソン主演で実写版としてリメイクし、大ヒットを記録しました。また2020年9月28日には東京ディズニーランドに「美女と野獣」をテーマにしたエリアがオープンし、現在もなお愛され続けている作品です。

「美女と野獣」あらすじ

「美女と野獣」はフランスの村に住むベルという女性の物語です。彼女は知識欲旺盛な読書好きで、他の人とは異なる存在感を持っています。

ある日、ベルの父が野獣に捕まり、ベルは代わりに野獣の城に行くことになります。そこで彼女は野獣が呪いで変えられた王子であることを知ります。城の使用人たちも家具や物体に変えられており、ベルの到来を待ち望んでいます。

ベルは初めは怖がりながらも野獣と友達になり、彼の善良さを見ます。野獣は呪いを解くために真実の愛を見つけなければならず、ベルに恋心を抱きますが、ベルは複雑な感情を抱きます。

一方、村の人々はベルを説得して村に戻ろうとしますが、ガストンという男がベルに執着し、策略を巡らせます。

最終的にベルは野獣の真実の愛を見出し、彼に心を開きます。野獣は王子に戻り、城の使用人たちも元の姿に戻ります。ベルと野獣は結ばれ、愛と思いやりが呪いを解き、幸せな未来を迎えるのです。

「美女と野獣」は外見や社会的地位にとらわれず、内面の美しさと真実の愛を描いた感動的な物語です。善良さや思いやりが新たな始まりをもたらすことを教えてくれます。

ここからは「美女と野獣」の英語名言・名セリフを10個紹介します!

「美女と野獣」名言①|Not to be deceived by appearances, for beauty is found within.「見かけに騙されてはいけない、美しさは内面に宿るのだから」

“Not to be deceived by appearances, for beauty is found within.”
「見かけに騙されてはいけない、美しさは内面に宿るのだから」
*deceive「騙す、思い違いをする」
*appearance「外見、見かけ」

ある夜、まだ人間の姿をしていた王子のところに「寒さをしのがしてくれ」と醜い姿をした老婆が訪れました。「もし願いを聞いてくれるならこれを差し上げる」と一輪のバラを渡しましたが、王子はそれを拒否し、老婆に冷たくあたりました。老婆は王子の「外見」で人を判断する愛のない心を見透かし、「見かけに騙されてはいけない、美しさは内面に宿るのだから」と王子に忠告しました。醜い姿だった老婆は美しい魔女の姿に変わり、呪いによって王子を醜い姿の野獣に変えてしまいました。

このセリフは現代を生きる私たちにも響く言葉です。見かけや外見だけでなく、内面の美しさを見極められる人、そして内面も美しい人になれるよう心がけることが大切です。

「美女と野獣」名言②|Your library makes our small corner of the world feel big.「この図書館が私たちの小さな世界を広げてくれるの」

“Your library makes our small corner of the world feel big.”
「この図書館が私たちの小さな世界を広げてくれるの」
*library「図書館」
*make「〜にさせる」

ベルが村を歩いている時に歌っている歌の歌詞です。幼い頃から読書が大好きなベルを村人たちは「村で唯一の読書好き」「誰とも仲良くしようとしない変な子」と言います。読書が好きなベルは、本を読むことで小さな村から抜け出し大きな世界を旅する気分を味わっていました。ベルにとって本は知識を広げるだけでなく、知らない世界を冒険できる魔法のような存在でした。

「美女と野獣」名言③|I want adventure in the great wide somewhere. I want it more than I can tell.「この広い世界のどこかを冒険したい、言い表せない程大きな冒険を」

“I want adventure in the great wide somewhere. I want it more than I can tell.”
「この広い世界のどこかを冒険したい、言い表せない程大きな冒険を」
*adventure「冒険」

草原でベルが1人大声で歌うシーンでの歌詞です。ベルは常にいつかはこの小さな村を抜け出して、もっっと大きな世界を冒険したいと願っていました。そんなベルの強い思いが現れている歌詞です。

「美女と野獣」名言④|The master’s not as terrible as he appears. Somewhere deep in his soul , there’s a prince…of fellow who just wanting to be set free. 「ご主人様は見かけほど怖い方じゃないわ、心の中には王子様がいて自由になれる時を待っているの」

“The master’s not as terrible as he appears. Somewhere deep in his soul , there’s a prince…of fellow who just wanting to be set free.”
「ご主人様は見かけほど怖い方じゃないわ、心の中には王子様がいて自由になれる時を待っているの」
*terrible「恐ろしい」
*set free「解き放つ、解放する」

ポット夫人がベルに野獣であるご主人様を紹介するシーンです。王子がまだ人間だった頃からずっとそばで成長を見守り、王子の内面にある優しさや美しさを知ってるポット夫人だからこそ伝えられるセリフです。

「美女と野獣」名言⑤|Go on, unfold your menu, take a glance and then you’ll be our guest!「さあ、メニューを広げて見て、そしたらもうあなたは私たちのお客様!」

“Go on, unfold your menu, take a glance and then you’ll be our guest!”
「さあ、メニューを広げて見て、そしたらもうあなたは私たちのお客様!」
*unfold「広げる」
*take a glance「ひとめ見る、ちらっと見る」

蝋燭のルミエールがベルのためにディナーを振る舞うときに歌う「Be Our Guest(ひとりぼっちの晩餐)」の歌詞です。野獣の城に閉じ込められてしまったベルは野獣からのディナーの誘いを断り1人で晩餐室へ向かいます。ルミエールは、野獣の「彼女に何も与えるな」という言いつけを破ってベルに最高のディナーをおもてなしします。魔法によって調理器具変えられてしまった他の召使いたちも10年ぶりのお客様に大喜び!楽しい音楽と豪華な食事に思わずワクワクしてしまう場面です。

「美女と野獣」名言⑥|Love looks not with the eyes but with the mind and therefore… And therefore is winged Cupid painted blind.「恋は目ではなく心で見るものなの、だからキューピットは盲目に描かれている」

“Love can transpose to form and dignity. Love looks not with the eyes but with the mind and therefore… And therefore is winged Cupid painted blind.”
「恋は醜いものを美しく変える。恋は目ではなく心で見るもの、だからキューピットは盲目に描かれている」
*transpose「変換する、置き換える」
*dignity「尊厳、重々しさ」
*therefore「従って、それゆえに」
*blind「盲目な」

ベルは凶暴でわがままな野獣の振る舞いに耐えかねて城を離れてしまい、その道中で狼に襲われてしまいます。すんでの所で野獣が助けに来ますが、彼はケガを負ってしまいます。ケガを負った野獣を介抱してる時にベルがシェイクスピアの言葉を引用して呟いた一言です。この出来事をきっかけにベルは野獣の内面にある優しさに気付き、心を惹かれていくようになります。2人の愛の始まりを表す名言です。

Advertisements

「美女と野獣」名言⑦|Think of the one thing that you’ve always wanted. Now find it in your mind’s eye and feel it in your heart.「君がいつも望んでいたことを思い出してごらん。心の目でそれを見つめて、心の中でそれを感じるんだ」

Think of the one thing that you’ve always wanted. Now find it in your mind’s eye and feel it in your heart.
「君がいつも望んでいたことを思い出してごらん。心の目でそれを見つめて、心の中でそれを感じるんだ」

本が好きだというベルと少しでも仲良くなるために、野獣はベルに城の中にある大きな図書館を案内します。そこで野獣は「魔法の本」をベルに見せ「心の目で見つめれば何かが見える」と教えてあげます。ベルが読書を通じて世界を冒険したように、野獣もこの「魔法の本」で世界を旅していました。

「美女と野獣」名言⑧|Of course, I came back. I’ll never leave you again.「もちろん、戻ってくるわ。もう2度と離れない」

Of course I came back. I’ll never leave you again.
「もちろん、戻ってくるわ。もう2度と離れない」

野獣は病を患う父親が心配だというベルを村へ返すことにしました。ベルが村へ戻ると、村人たちは野獣を倒そうと城へ向かっていました。「野獣は恐ろしくない、とても優しい人なの」と、ベルがどれだけ説得しても村人たちは聞く耳を持ちません。ベルは野獣を守るために再び城へ向かい、野獣と再開した時「もう2度と離れない」と野獣に伝えます。ベルの野獣に対する大きな愛が伝わります。

「美女と野獣」名言⑨|At least I got to see you. One last time.「最後に一目だけでもいいから会いたかった」

At least I got to see you. One last time.
「最後に一目だけでもいいから会いたかった」
*at least「少なくとも、せめて」

自分の呪いを解くことよりも、ベルの幸せを優先し、彼女から離れることにした野獣。しかし本心では大好きなベルと離れたくありませんでした。再び城に戻ってきたベルを見て「最後にどうしても会いたかった」と話します。野獣の真っ直ぐな愛が伝わる感動のセリフです。

「美女と野獣」名言⑩|Come back. Please don’t leave me. I love you.「戻ってきて、お願い、私から離れないで、愛してる」

Come back. Please don’t leave me. I love you.
「戻ってきて、お願い、私から離れないで、愛してる」

野獣を退治しようと城にきた村人たちに襲われてしまう野獣。倒れてしまった野獣をみて、ベルは心の底から悲しみます。やっと出会えた、自分を理解してくれる愛する人、野獣を失いたくないというベルの想いは真実の愛となり、魔法が解けて野獣は元の王子の姿に戻りました。ベルと野獣の愛が結ばれる涙なしでは見られない感動のシーンです。

あわせて読みたい

【ディズニープリンセス名言】「リトル・マーメイド」の英語名言・名セリフ10選

まとめ

今回はディズニー名作「美女と野獣」の英語名言・名セリフを10個紹介しました。心に響くセリフに出会えたでしょうか?見た目にまどわされない、本物の愛を描いた美しいストーリーに心を揺さぶられた人も多いことでしょう。

ボイスチューブなら、エンタメや雑学、ニュースなどさまざまな動画を使って楽しく英語が学べます。今すぐアプリを無料でダウンロードして、楽しい英語学習ライフを始めてみませんか?

Advertisements
Exit mobile version