【保存版】「Let it be」の正しい意味|ザ・ビートルズの名曲の英語を解説

ザ・ビートルズの名曲「Let it be」は
いつ聴いても心に響く素敵な曲ですね。
今回は「Let it be」の意味、使い方を例文で
マスターしましょう!

「なんとかなるさ」を意味する「Let it be」

「Let it be」の意味は「なんとかなるさ」「そのままにして」「なすがままに」」という意味です。「Let」の文法は「let + 目的語 + 動詞の原型」となります。「Let it be」は命令文のため、「そのままにしなさい」「放っておきなさい」といった強い表現です。

「Let it be」の「it」が指すものは?

「it」は直訳すると「それ」の意味がありますが、「Let it be」の「it」は漠然とした現在の状況を指します。具体的な目的語を示さないことで、意味が深く広くなるのです。「be」は be 動詞の原型です。「〜である」という意味です。「(目的語)に〜させる」、「〜するままにする」です。

There will be an answer, let it be.
そのままにしていれば、答えはきっと見つかるよ。

「Let it be」は「なすがままに」を表し、何もしなくても、特別なことをしなくても問題は解決するよ、といった意味になります。

Shine on until tomorrow, let it be.
明日が来るまで光があるから、そのままにしていれば大丈夫だよ。

 

 

「Let it be」を使った例文と解説

ビートルズの名曲「Let it be」は「その状況を在るがままにしておけば良いよ」「自然なままにしておきなよ」といった提案・アドバイスです。ポール・マッカートニーが夢を見て 14 歳の時に亡くなった実母のメアリーからアドバイスされたそうです。日常にも使えるので例文を見ていきましょう。

I don’t feel well today. Please leave me be.
私は今日体調が良くありません。そっとしておいてください。

Speaking words of wisdom, let it be.
名言を口にすれば、あなたの思うように生きれば良いよ。

Do your best, and let it be.
ベストを尽くしなさい、そして天にかませなさい。

It is a mistake, to be sure, but let it go.
それは確かに間違いだが、そのままにしておこう。

Speaking words of wisdom 名言を口にすれば

be worth 価値のある

「Let it be」の意味と使い方をマスターしよう

今回は「Let it be」の意味や使い方をご紹介しました。シンプルな文ですが意味が深く、人を落ち着かせる意味合いがあります。人を慰めたり、大丈夫だと勇気づける時にも使えます。

楽しく生きた英語を学びたいなら、 VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓