「領収書ください」を英語でいうと?レストランで困らない表現をご紹介!

海外旅行でお金を支払う状況で会計の後に領収書をもらいたい時ってありますよね?そういう状況が想定される海外旅行に行く際は英語での表現を覚えておきたいですね。今回は領収書を請求する表現の使い方について解説します。

「領収書ください」って英語でなんて言うの?

領収書をもらいたいときに用いる表現を例文と共に解説していきます。
レストランはもちろん、衣服やお土産の買い物、ホテルの宿泊費を支払う際にも使うことができる表現です。

1. Can I get a receipt?

最もオーソドックスな表現の一つです。何かが欲しい際は「get」か「have」、もしくは「take」などを使います。最初につける助動詞によって聞き方のニュアンスを変えれます。「Can I ~」は割とフランクな聞き方になります。

Can I get a receipt?
領収書をもらえますか?

Sure, here you are.
もちろんです、こちらになります。

2. May I have a receipt?

こちらはMayよりも丁寧な聞き方になります。助動詞の「May」は許可を促す意味合いがあり、〜をしてもらう許可をいただいてもいいですか?という聞き方です。店員が客に対して何かを伺う際に使う表現でもあったりするので、この表現を覚えておくと聞き取りにも役に立つかもしれません。

May I have a receipt?
領収書をいただいてもいいですか?

Of course, just a moment, please.
もちろんです、少々お待ちください。

3. Could you give me a receipt?

「May I」よりさらに丁寧な聞き方になります。助動詞の「could」は実現可能かわからないというニュアンスがあります。それかたあなたがそれをしてくれるかわからないけど、してくれたら嬉しい。といった感じの表現になるため、かなり謙虚な聞き方です。丁寧な対応をしてくれるスタッフの方には「could」を使うといいでしょう。

Could you give me a receipt?
領収書をお願いできますか?

Certainly.
かしこまりました。

その他のレストランの会計時に覚えておきたい表現

領収書をもらうレストランでの会計時に合わせて覚えておきたい表現を紹介します。こちらも必ず使うことになる表現になります。

1. Check

「会計」を意味する言葉であり、食事を済まして会計を支払いたい際には店員さんを読んで「Check please.」と言いましょう。

Check, please.
会計お願いします。

Thanks, so much! Please check out at the register. 
ありがとうございます、こちらを持ってレジまでお越しください。

 

2.I’d like to pay by

「〜で支払いたいです。」という意味になります。byの後は支払い方法をつけましょう。現金であれば、「cash」、クレジットカードで支払いたいのであれば、「credit」と言いましょう。

The fee is 15 dollars, how would you like to pay?
会計は15ドルになります、お支払い方法はどうされますか?

I’d like to pay by credit card, please.
クレジットカードでお願いします。

3. Could we pay separately?

会計を別々で支払いたいときに使う表現です。日本でもそうですが、何も言わないと総計の請求をされるのが普通ですので、割り勘にしたいときは自分からその旨を伝えましょう。

Could we separate the bills?
会計を別々にしてもらえますか?

Sure, I split the bill, and each person owes 6 dollars. 
かしこまりました、会計はお一人様6ドルです。

 

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター / Aki
画像 / Sandra Seitamaa, CC Licensed