「stay」の意味とは?”live”との違いは?使い方・用法を例文で解説!

中学レベルの基本英語「stay」。本当に正しく使えていますか?「We stayed New York」と「We stayed in New York」のどちらがなぜ正しいのか説明できますか?こちらの記事では、「stay」の自動詞・他動詞的意味を徹底的に解説します。

「stay」の意味は?

「stay」の中心義は「同じ場所や状態にとどまる」という意味です。
ここでは、より詳細に「stay」の意味を自動詞の場合と、他動詞の場合に分けてご紹介します。

自動詞 1.「場所にとどまる」

「場所にとどまる、同じところにずっといる」という意味です。

Stay here, Judy.
ここにいて、ジュディ。

You can stay in bed until noon.
お昼まで寝ていてもいいよ。

自動詞 2.「ずっと…のままである」

「ずっと…のままである、同じ状態を維持している」という意味です。

Her attitude stayed the same.
彼女の態度は変わらなかった。

We’ll always stay close friends.
私たちはいつまでも親友だ。

The rules will stay in effect until September.
このルールは9月まで有効です。

自動詞 3.「滞在する、泊まる」

「滞在する、泊まる」という意味です。どこかの場所に滞在する、と表現したいときには必ず前置詞[in / at]を後ろに置きます。

We stayed in New York for a week.
私たちはニューヨークに1週間滞在しました。

He was staying with his friends.
彼は友人の所に泊まっていた。

他動詞 1.「ある一定期間を滞在する」

「stay」の後ろに目的語を置いて、「ある一定期間(目的語)を滞在する」という他動詞になります。

I stayed the night at his house because of the hurricane. 
ハリケーンのため、彼の家に一晩泊まりました。

他動詞 2.「…の最後まで持ちこたえる」

「stay」の後ろに目的語を置いて、「…の最後まで持ちこたえる、完走する」という他動詞になります。

The runner stayed the pace until the end of the 10K, even when he felt like he couldn’t continue. 
あのマラソンのランナーは走り続けれないと感じた時でさえ 10 キロ最後まで走りきった。

他動詞3.「判断・決定を延期する」

「stay」の後ろに目的語を置いて、「判断・決定などを延期する、見送る、猶予する」という他動詞になります。

The judge stayed the execution of the sentence.
裁判官は刑の執行を猶予した。

実はとっても簡単!「stay」の使い方・用法を例文から解説

先ほどから自動詞、他動詞という言葉が出てきていますが、使い分けは簡単です。

自動詞としての「stay」の使い方

自動詞「stay」は「とどまる、滞在する」という意味で目的語を後ろに置きません。その理由は、目的語を取らなくても文章が完結しているからです。
場所や時間を目的語として置かないとき、「stay」は自動詞になります。
最も簡単な例がこちらです。

Stay!
(犬に)待て!

「stay + 前置詞」という形の時もstayは自動詞になります。

I stayed at home.
家にいました。

She was staying at Michel’s house.
彼女はミッシェルのところに泊まっていた。

他動詞としての「stay」の使い方

他動詞「stay」は「…(期間)に滞在する、…(判断)を延期する」という意味で、すぐ後ろに目的語を置きます。
また、「stay」の後ろに前置詞は置きません。

Let’s stay the proceedings for this trial until this new evidence has been processed.
この新しい証拠が処理されるまで 裁判を続けましょう

The judge stayed the execution of the sentence.
裁判官は刑の執行を猶予した。

「live」の意味と使い方

「stay」が一時的に滞在する、泊まるという意味である一方、「live」は住んでいる場所を指す時に使います。
また「live」は「生きている」という意味もあります。

Where do you live?
どこに住んでるの?

I live in Melbourne, Australia.
オーストラリアのメルボルンに住んでいます。

I can’t live without chocolate.
チョコなしじゃ生きていけないよ。(冗談)

まとめ|会話頻出の「stay」をどんどん使っていこう!

「stay」の意味と使い方、例文を紹介してきました。自動詞と他動詞の両方で使うことができる「stay」。まずは、間違ってもいいので積極的に使ってみるところから始めましょう!
ここまで、お読みいただきありがとうございました。

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka
画像/ Kelly Sikkema, CC Licensed