popup ad

talk to? talk with? 受験生がよく間違える前置詞をスッキリ解説!

Leonard 2019 年 03 月 12 日
このエントリーをはてなブックマークに追加

talk with と talk to の違いを本当に知ってる?
5分でスッキリわかっちゃう!

受験生が間違えやすい代表的な英語前置詞をピックアップして、
ニュアンスの違いを分かりやすく解説!
もうもったいない間違いはさせない!

talk with, talk to

“talk to…” と “talk with…” 

“talk to…” は to(…の方向へ)の前置詞があるので「一方的に話しかける」というニュアンスだけで理解しがちですが、実は「話し合う」の意味もあるので、注意が必要です。

He talks to dogs every time he sees one.
彼は犬を見かけるたびに、よく犬に話しかける。

You should talk to your doctor about your condition.
あなたの症状は医者と話し合うべきだよ。

Do you have a minute? I need to talk to you about something.
ちょっと時間ある?話したいことがあるんだけど。

 

一方で、“talk with…” は「一方的に話しかける」の意味はなく、「お互いに話し合う」の意味のみです。”talk to…” と比べると少しフォーマルに聞こえます。

また、“have a talk with…” は、話し手と聞き手の上下関係が明確で、重要な事柄について話す時や説教する時において用いる表現です。

I will talk with my client on the phone at noon.
正午に顧客と電話越しに話し合う予定です。

I had a long talk with my son about his grades.
私は息子と成績についてじっくり話した。

 

\人をうまく惹きつける秘訣/
【TED】ジュリアン・トレジャー: 人を惹きつける話し方

 

“to” と “toward” と “for” 

I went to the library and rented some books.
私は図書館に行って本を数冊借りた。

「図書館に行った、図書館に到着した」ことを意味を表します。

方向・方角を示す “toward” と “for”

I went toward the library because I remember that’s where the station was.
図書館の方に向かって行った、なぜならそこに駅があったような覚えがあるからだ。

図書館に行くことが目的ではなく、「…の方向へ向かった」とあくまでもおよその方角を示します。

I went for the library.
図書館のために行った。(図書館に向かって行った。)

一方で、”for” も「…の方向へ向かった」という意味を表しますが、“for” の場合は目的地そのものよりも、目標や目的に重点を置くニュアンスです。上記の例文だと、図書館に行くことを目的に図書館に向かうことを表します。目標にたどり着いたかはわかりません。

 

“in” と “within”

“in” は「…の中に、…において」、“within” は「(時間・距離・範囲など)…の範囲内で」という意味を表し、大変よく似ています。

しかし、時間の表現においては、”in” と “within” でそれぞれ指す意味が全く異なります。”in one hour” は「1時間後」という意味になります。”within one hour” は「1時間以内」となります。

I am on my way. I will be there in one hour.
今向かってるよ、1時間後に着くよ。

We are required to finish the exam within one hour.
試験を1時間以内に終えることが要求される。

 

\賞味期限を見つめ直す/
賞味期限の日付は食べれないというわけじゃない?

 

“with” と “by”

「…で」「…を使って」を意味する “with” と “by” ですが、使い分けが必要です。

一般的に具体的な道具を使うときは “with” で、方法や手段を指す場合は “by” を用います。

I write with a pen.
私はペンで書く。

I write by hand.
私は手で書く。

pen は道具なので “with”、hand は手段なので “by” を用いて表現します。

“with” の後ろには冠詞(a, the)がつくので注意しましょう!物(道具)を詳しく説明しているニュアンスがこれで分かりますね。”by” の後ろは冠詞は不要です。

I cooked some eggs with a frying pan.
フライパンで卵を焼いた。

I go to work by train.
私は電車で通勤する。

 

“on” と “upon” 

“on” は口語的なのに対して、”upon” はフォーマルで文語的なニュアンスです。

ただ、”on” と “upon” はそれぞれ慣用表現があり、その場合は置き換えはできません。

“on” の慣用表現

  • on Tuesday「火曜日に」
  • on the cellphone「電話越しに」

“upon” の慣用表現

  • once upon a time「(おとぎ話)昔々」
  • Winter is upon us.「もうじき冬だ。(硬く古くさい表現)」

 

スッキリしたでしょうか?以上、混合しやすい代表的な前置詞の違いでした。

 

\英語の基礎の基礎 at, in, on の違いはこちらの記事で/

【いまさらシリーズ】前置詞 at, on, in って何が違うの?

VoiceTube アプリが新しくなった!

英語学習をどこから始めたらいいかわからないみなさん、ネイティブの英語を学びたいみなさん!
VoiceTube で英語を学習しませんか?英語上達に必要な「見る・聞く・書く・話す」をステップ式の動画レッスンで本格全面サポートいたします!
また、動画は全てネイティブスピーカー!海外で使われている「生きた」英語を身に付けることができます。

↓↓ダウンロードはこちらから↓↓

 

文/ Leonard
画像/ bruce mars, CC Licensed

 

Tagged with: , ,

Related Post

Comments are closed.