【そして】を英語で何という?|文頭で使える「さらに」の英語表現

「そして」という英語の接続詞はand と思われがちですが他にも様々な表現方法があります。and 意外の「そして」の表現方法を知れば、自然でスマートな英会話に聞こえるはずです。例文を交えてご紹介いたします。

「そして」の英語表現をご紹介

日本語で「そして」は日本語の文章でも頻繁に使うことばです。「そして」というと and を思い浮かべる方も少なくないとおは思いますが、他にも表現方法がいくつかあります。and 以外の「そして」を知ってバランスよく英会話に取り入れたいものです。今回は、例文を交えて「そして」の英語表現をご紹介いたします。

「そして」の一般的な英語の表現方法:and

「そして」の英語表現によく使われる言葉は and です。and は、物事を時系列に表す意味と、付け加える意味があります。ただ、文頭に置くと稚拙な文章に聞こえるので、文頭につけて使うことは控えたほうが良いでしょう。

I bought this magazine, and I read it on the train.
私はこの雑誌を買い、そして電車の中で読みました。

He practiced hard, and he passed the exam.
彼は一生懸命練習しそして試験に受かった。

「そして」「その時」「それから」という意味:then

and の他にも、「そして」や「その時」「それから」という意味の英単語 then を使うこともできます。

The summer vacation will fly by, then the new semester will start.
長い夏休みがおわり、そして新学期が始まった。

First came Kumi, then Natsuki.
まずクミが来て、そしてナツキが来た。

and や then に似た英語表現:afterward

and や then に似た英語表現として afterward があります。afterward は、時系列的に物事を表すときに使われ、「そして」「その後で」という意味にもなります。アメリカ英語では afterward、イギリス英語では afterwards と表現されることが多いです。

Let’s have lunch and go shopping afterward.
まずランチをたべてそして買い物に行こう。

We had tea, then afterwards, we decided to pick up Jane.
私はお茶をして、そしてジェーンを迎えに行くことにした。

and や then に似た英語表現:in addition to

in addition to は、「そして」や「~に加えて」「さらに」という英語表現です。addition は、追加という意味の名詞です。

In addition to English, he speaks Japanese.
彼は英語、そして日本語を話す。

In addition to rain, there was also thunder and lightning.
雨そしてそれに加えて雷が呻きだした。

間違えやすい「then」「than」を抑えよう!

様々な「そして」を知って会話を豊かにしよう

いかがでしたか。「そして」という英語表現は and の他にも様々あります。ニュアンスも少しずつ変わってくるので、状況やニュアンスに応じて使い分けると自然な雰囲気の英会話ができるはずです。ぜひ参考にしてみて下さい。

楽しく生きた英語を学びたいなら、

VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

 

ライター/ Ayana.I

翻訳/ Ayana.I

画像/Katya Austin, CC Licensed