「頑張れ」を英語で|【Do your best / Fight!】は英語では使わない!?

日本では、仕事、スポーツだけでなくちょっとしたときにも「頑張れ」応援し、励ますことが一般的です。
英語では、場面によって異なる表現方法を使います。
今回は、「頑張れ」の英語表現を例文も交えてご紹介!

日本では、様々な場面で「頑張れ」と人を応援することが多いです。英語圏だと、同様に応援したり励ますことは多々ありますが、その表現方法は様々です。以下、場面ごとに使える「頑張れ」の英語表現をご紹介いたします!日常会話で沢山使えるので、是非参考にしてみてください。

「頑張ってね!」は英語で Do your best/ Fight と言わない?!

実は、英語の教科書によく書かれている Do your best  はあまり英語圏で一般的ではないことが多いです。「がんばれ」というニュアンスももちろんありますが、「最善を尽くす」という意味合いが強く、「良い結果を残す」というニュアンスが薄いです。スポーツや資格試験、就職試験など、良い結果をしっかり残したい人にたいしては、Do your best は少し物足りない応援表現になります。

使う場合は、「最善を尽くしたよ」と自分が頑張ったときに使うことが多いです。

The result was horrible. But I did my best.
結果は散々だったよ。でも最善は尽くしたさ。

また、fight も同様に使いません。「ファイト!」と部活などで使う場面が日本では多いですが、英語だと「戦え」「やってしまえ!」「喧嘩しろ」というニュアンスとなってしまい、少し暴力的です。

「頑張れ」と応援するときに使える英語表現

ここでは、様々な「頑張れ」の表現フレーズをご紹介いたします。フレーズごとに使い方も異なってくるので例文を使ってご紹介していきます。

Good luck

Good Luck は、一般的によく使える「頑張れ」の英語表現フレーズです。日本語にそのまま訳すと「幸運を祈る」となります。「運を味方につけて頑張ってほしいい」という思いを込めて相手に届ける言葉です。

A : I have an interview tomorrow. 
A : 明日面接があるんだよ。

B : Good luck!
B : 頑張ってね!

Wishing you the best

wishing you the best は、「最善を尽くせることを願うよ」という日本語訳になります。ささやかに陰ながら応援している、相手の努力が実る実ことを願うニュアンスがあります。

A : I am giving a presentation to our president in just a moment.
A : 今から社長にプレゼンをするんだ。

B : Wishing you the best.
B : 頑張ってね。

My best wishes

幸運を願うときに使います。努力したかどうかにかかわらず、何か大事なことを控えてて緊張している相手に伝える言葉です。

A : I’m leaving for London tomorrow.
A:明日ロンドンに旅立ちます。

B : Safe travels! 
B : 頑張ってね。

You can do it.

君ならできる、と相手を勇気づけさせるポジティブな励まし表現です。相手に勇気を与えて励ましたい時に使います。

A : I am so nervous. I have to make a speech in front of lots of people tomorrow.
A : 緊張する。明日大勢の前でスピーチしなきゃいけないんだ。

B : Don’t worry. You can do it!
B: 心配ないさ。君ならできるよ、頑張れ!

大きな本番を迎えるときに「break a leg」!

本番前に、相手の緊張をほぐすための英語表現です。直訳すると「足を折れ」という意味ですが、今ではスピーチや舞台、講義など大勢の前で発表する人を応援する言葉として一般的になりました。

A : Oh, it’s my turn!
A : あら、私の番だ!

B : Break a leg
B : 頑張れ!

幸運を祈っています I’ll keep my fingers crossed.

私の指をクロスさせておくよという直訳になるこのフレーズ。人差し指と中指を交差させて見せることで、欧米では「幸運を祈る」という意味になります。

A : I am not sure if I did well in the interview or not.
A : 面接に受かったかどうか分からないなぁ。

B : I’ll keep my fingers crossed!
B : 頑張ってね、幸運を願うよ。

Go for it.

直訳すると「それに向かっていけ」という意味になります。これは、目標に向かって頑張っている人に向けて励ますための応援の言葉です。目標をターゲットにして頑張れ、というニュアンスがあります。

A : I am thinking of taking a professional test.
A : プロテストを受けようかと思ってます。

B : Wow, great. Go for it!
B : あらすごいね。頑張って!

Keep it up.

その調子のペースで頑張って、というニュアンスのフレーズです。他にも、Keep up the good work. Keep going. など Keep を使って「継続して頑張って」というニュアンスの励ましフレーズがあります。

A : So far, my score is good.
A : 自分のスコアは今のところ良い。

B : Keep it up!
B : その調子で頑張って!

 

「頑張れ」の英語フレーズを駆使して相手を励まそう

いかがでしたか?「頑張れ」という英語表現は、場面によっても様々な種類があります。その時々の状況をみて、相手を的確に励ますことができるといいですね。例文を参考にしてぜひ使いこなしてみて下さい。

楽しく生きた英語を学びたいなら、

VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

 

ライター/ Ayana.I

翻訳/ Ayana.I

画像/Katya Austin, CC Licensed