「予約」を英語でいうと?”book” “reserve” の違いと使い分けを解説!

海外旅行で
レストランやツアーなど
英語で予約をするには?
使い分けできるようにしましょう

「予約」は英語で「reservation」・「reserve」・「book」を覚えよう

海外旅行では、レストランや劇場のチケット、飛行機など「予約」をする機会が多いですね。「予約をする」表現は 3 つの英単語「reservation」・「reserve」・「book」を覚えて使い分けましょう。

「予約」は「reservation」(名詞)、「reservation」の動詞が「reserve」です。

「予約する」と表現するには「reserve」・「make a reservation」・「book」といいます。

「予約をする」「reserve」と「book」の違い

「reserve」と「book」はどちらも「予約をする」の意味があり、ニュアンス的には違いはなく共通しています。アメリカでは「reserve」を使うことが多いです。「book」は航空券やホテルなど旅行関係の予約に対して使われます。

「book」とは本来、注文に関する名簿や帳簿といった意味があり「事前手配」のニュアンスが強いです。「book」は「reserve」よりも予約が確定している意味合いとなり、料金が発生している状態です。

「reserve」はレストランやカフェ、劇場などの席を取っておく、キープするイメージです。料金は発生しておらずキャンセルできる状態にあります。

I made a reservation for the the wrong restaurant.
予約するレストランを間違えました。

「間違ったレストラン」は「wrong restaurant」と表現します。

Can I make a reservation?
予約できますか?

3つの「予約」の英語|電話やメールでホテルやレストランを予約!

日常英会話でレストランやカフェを予約する際は「make a reservation」とよく表現します。「Let me know if you decide to make a reservation.」は「予約をする場合は知らせてくださいね。」という意味です。「病院を予約する」場合は「make a doctor’s appointment」と表現します。

I would like to reserve a table for three.
3 人で予約したいのですが

I need to make a doctor’s appointment for next week.
来週医者の予約をしなければならない。

Please contact me if you would like to book a room.
部屋を予約される場合はご連絡ください。

We booked our flight online.
私達はフライトをオンラインで予約しました。

contact me 連絡して

would like to 〜したい

英語で「予約」の3つの使い方まとめ

「reserve」と「book」はどちらも「予約をする」(動詞)という同じ意味合いで使えます。「make a reservation 」も頻繁に使われるので覚えておきましょう。

楽しく生きた英語を学びたいなら、 VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Mavis
画像/ Unsplash