ハロウィンで使える英語フレーズ!「仮装」や「オバケ」「怖い」は英語でなんていう?

毎年10月31日はハロウィンの日!日本でもここ数年、ハロウィンはクリスマスやバレンタインデーと同じくらい盛り上がるビッグイベントになっています。しかし、ハロウィンの起源やハロウィンお決まりのフレーズ「トリックオアトリート」の意味、またハロウィンに関する英単語や英語フレーズなどはご存じですか?今回はそんなハロウィンに関する知識や情報をたくさんご紹介します。当日はご紹介した英語フレーズなどを実際に使って、ハロウィンパーティーを楽しみましょう!

The Origins of Halloween「ハロウィンの起源」

ハロウィンの起源は 2,000 年以上前に遡ります。現在のアイルランドに住んでいた古代ケルト人のお祭り「サフィン祭」が起源とされています。当時のケルト人にとっての新年の始まりは11月1日で、この日は死者の世界の扉が開く日ともされていました。なのでこの日は、死者の魂が人間に対していたずらをすると信じられており、人々は死者の魂から身を守るため、動物の姿に仮装をしていました。これがハロウィンの日に仮装する風習の起源になっていると言われています。

ハロウィンはいつ?Halloween の英語の由来は?

ハロウィンは毎年10月31日に行われるイベントです。キリスト教ではハロウィンの翌日である11月1日は “All Hallows’ Day”「諸聖人の日(万聖節)」という祝日です。これはキリスト教におけるすべての聖人を記念する日です。英語のHalloween(ハロウィン)は”All Hallows’ Day”「諸聖人の日(万聖節)」の前夜 “All Hallows’ Evening” を短縮したものです。ハロウィンは英語では「ウィン」にアクセントをおいて h`æləwíːn(ハロ・ウィン) と発音します。

ハロウィン定番英語フレーズ

ハロウィンの日にネイティブが使う定番挨拶や英語フレーズをまとめました!

  • Happy Halloween!「ハッピーハロウィン」
  • Trick or Treat!「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ)」
  • Enjoy a spooky night!「不気味な夜を楽しんで」
  • Have a spooktacular night!「不気味な夜を」
  • Nice costume!「素敵な仮装だね」
  • Boo!「ばあ!わぁ!」
  • Halloween is a real treat.「ハロウィンは本当に楽しい」

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)の意味・由来

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)とは「ご褒美 (treat)がもらえれば、子供はいたずら(trick)をしない」=「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味です。このフレーズはケルト人ではなく、アメリカで生まれたと言われています。ケルト人発祥のハロウィンの風習はのちに移民と共にアメリカに伝わりました。アメリカでは徐々にハロウィンに宗教的な要素は薄れていき、各地域のコミュニティでダンスや歌を歌ったり、お化けの話をするパーティーを行う日として変化し、さらに 1950 年代ごろになると、ハロウィンの日は現在のような、子どもたちが主役となってイベントが行われる日として定着しました。なので実は、子供たちが仮装をして  Trick or Treat(トリック・オア・トリート)というフレーズを言いながら、食べ物やお金を求めて近所の家を訪ねる、という現在のようなハロウィンの風習はまだ歴史的には70年ほどしか経っていないのです!

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)と言われたら英語でなんと返す?

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)と言われたら

Treat, of course.
「もちろん、お菓子よ」

Here you are.
「どうぞ」

Happy Halloween!
「ハッピーハロウィン」

Come again next year!
「来年も来てね」

と言ってお菓子を渡してあげましょう。

ハロウィンの風物詩!カボチャ「ジャック・オー・ランタン」は英語でなんという?

ハロウィンといえば顔をくりぬいたカボチャのランプを飾るのが定番ですが、このカボチャは英語で Jack-o’-Lantern(ジャックオーランタン)といいます。ジャック・オー・ランタンはカボチャの中身をくり抜いて、中に火を灯してランタンにしたものです。英語を直訳すると Jack-o’-Lantern「ジャックのランタン」という意味になります。

「カボチャをくりぬく」は英語で carve a pumpkin といいます。crave は「削る、刻む」という意味です。またそれ以外には hollow out a pumpkin とも言います。hollow out は「えぐって穴をあける」という意味です。

The kid is hollowing out a pumpkin to make a Jack o’-lantern.
「子どもはカボチャをくりぬいてジャック・オー・ランタンを作っている」

Let’s make Jack-o’-Lantern!
「ジャック・オー・ランタンを作ろう!」

実は怖い!「ジャック・オー・ランタン」の由来とは?

もともとケルト人は実はカボチャではなくカブをくりぬいて作ったジャック・オー・ランタンを飾っていました。カボチャに変わったのはケルト人がアメリカへ移住したことが理由とされています。アメリカの土地に馴染みのないカブと比べてカボチャは手に入りやすく、またランタンに加工しやすかったため、カボチャが主流になりました。しかし、スコットランドでは今でもカブのジャック・オー・ランタンを飾る地域もあるそうです。

ジャック・オー・ランタンには実はちょっとゾッとする由来があります。昔、酒好きでずる賢く乱暴なジャックという男がいました。ジャックはハロウィンの夜に泥酔した状態で歩いていると、なんと悪魔に遭遇します。悪魔はジャックの魂を奪い取ろうとしますが、「魂をあげるから最後に酒を飲ましてくれ」と頼みます。

悪魔はその願いを受け入れ、コインに化けて酒代を払おうとします。しかしずる賢いジャックは十字架でコインを押さえつけ、自分の財布の中に悪魔を閉じ込めてしまいます。降参した悪魔は10年間は魂を取らないと約束します。

そして10年後、悪魔は再びジャックの前に現れます。魂を取ろうとする悪魔にジャックはまた「最後にりんごが食べたい」と言います。悪魔はまた木に登りジャックにりんごを渡そうとしますが、ジャックはその隙に持っていたナイフで木の幹に十字架を刻み、悪魔を木から降りれないようにしました。悪魔はもう2度魂を取らないから許してくれと頼みます。

やがて時が経ちジャックは寿命でこの世を去ります。日頃の行いが悪かったジャックは天国には行けず地獄へ行きますが、そこであの悪魔が現れてジャックに言います。「君の魂は取らないと約束したから、地獄には連れて行けない」途方にくれたジャックは生き返ることも地獄へ行くこともできず暗い暗い道を彷徨い続けます。ジャックは悪魔に灯をくれと頼み、悪魔は地獄の小さな炎を分け与えました。

この灯りが消えてはいけないと思ったジャックは道端に転がっていたカブをくりぬき、その中に火を灯し、ランタンにしました。これがジャック・オー・ランタンの由来と言われています。

「仮装」に関する英語フレーズ

ハロウィンの日には、仮装をしてイベントに参加する人も多いと思います。そんな仮装イベントなどでよく使われるフレーズをご紹介します。

  • What are you going to be? 「何になるの(何の仮装するの)? 」
  • I’ll dress up as 〜「〜の仮装をする」
  • How do I look? /How does it look on me?「似合う?」
  • It’s good on you. / It looks good on you.「似合うよ」
  • Nice costume!「素敵な仮装だね」
  • You look so scary!「とても怖い」
  • You scared me!「びっくりした!」
  • You scared me to death.「死ぬほど怖かった」

「ハロウィンの仮装」は英語で Halloween Costume

英語で「仮装」は costume(コスチューム)と言います。友達が素敵な仮装をしていたら “Nice Costume! “と褒めてあげましょう。

What are you going to be? 「何になるの(何の仮装するの)? 」

相手にどのような仮装をするのか聞きたいときはこのフレーズを使います。

What are you going to be for the Halloween party this weekend?
(今週末のハロウィンパーティーは何の仮装をするの?)

wear a XX costume / dress up as / I’ll be 「~の仮装をする」

「~仮装をする」のいい方は様々ありますが、よく使われるのはこの3つです。dress up は普段着ではなく、何か特別な洋服を着るときに使われます。

I’ll wear a monster costume for Halloween.
(ハロウィンはモンスターの仮装をします。)

I dressed up as a princess on Halloween last year.
(去年のハロウィンの日にはプリンセスの仮装をしました。)
* dress up in a princess costume も同じ意味で使われます。

I’ll be a witch this year.
(今年は魔女の仮装をします。)

How do I look? / How does it look on me?「似合う?」

相手に自分の恰好が似合っているか聞きたいときはこれらのフレーズをよく使います。

How do I look?
(似合う?)

How does this costume look on me?
(この仮装似合ってる?)

It’s good on you. / It looks good on you.「似合うよ」

相手の仮装に「似合う!」と言いたいときはこのフレーズを使ってみましょう。

Wow, it’s good on you!
(わあ、よく似合うね!)

The costume looks good on you.
(その仮装あなたに似合ってるよ。)

Boo!「ばあ!わぁ!」

誰かを脅かす時や怖がらせたい時に使える英語です。英語では「いないいないばあ」は PEEK-A-BOO! と言います。ハロウィン当日は怖ーい仮装をして Boo! と驚かせてみませんか?

ハロウィンコスチュームの定番を英語でチェック

ハロウィンのコスチュームとしてよく使われるものの英単語をまとめてみました。今年はどのコスチュームを着てみたいかな?

  • Witch「魔女」
  • Ghost「おばけ」
  • Monster「モンスター・怪物」
  • Zombie「ゾンビ」
  • Bat「コウモリ」
  • Jack-o’-lantern「カボチャ・ジャック・オー・ランタン」
  • Black cat「黒猫」
  • Spider「蜘蛛」
  • Skeleton「ガイコツ」
  • Dracula「ドラキュラ・吸血鬼」
  • Frankenstein フランケンシュタイン
  • Mummy「ミイラ男」
  • Werewolf「オオカミ男」
  • Princes「プリンセス」
  • Pirate「海賊」
  • Goblin「ゴブリン」
  • Wizard「魔法使い」

その他「ハロウィン」に関する英単語

  • Halloween Treat「ハロウィンのお菓子」
  • Tombstone「お墓」
  • Haunted House「お化け屋敷」
  • Spooky night「不気味な夜」
  • Coffin「棺桶」
  • Apple Bobbing(アップルボビング)
    ハロウィンの日に行う水の上に浮いているリンゴを口で掴む伝統的なゲームです。
  • Spider Web「蜘蛛の巣」
  • Skull「頭蓋骨」
  • Halloween Spooktacular(ハロウィーン・スプークタキュラー)
    Spooktacular はハロウィンイベントの宣伝などでよく登場する単語で、「不気味な、幽霊のような」という意味の spooky と形容詞で「豪華な、壮大な」や「豪華ショー」という意味を持つ spectacular を組み合わせた単語です。

「怖い・気味が悪い・びっくりした」を表す英語

ハロウィンの日はドラキュラやスケルトンなど、怖い仮装をする人も多いですよね。そんな仮装をする人を見かけた際に使える様々なフレーズをご紹介します。

  • You look scary! 「(人の仮装などを見て) 怖い!」
  • You scared me! 「びっくりした !」
  • I am scared! 「恐ろしい、怖い!」
  • It’s spooky/sreepy. 「不気味、気味が悪い 」
  • I have goosebumps. 「鳥肌が立った」
  • You scared me to death「死ぬほど怖かった」

spooky「不気味な、気味が悪い」

spooky はお化けが出てきそうな不気味な感じや気味の悪さを表します。他に creepy と言ったりもします。

scary / scared「怯える、怖い」

何かに怯えて怖い気持ちを表します。何かが「こわい」ときは「scary」、「こわい」と感じているときには「scared」を使います。You scared me to death! であなたは死ぬほど私を怖がらせた=「死ぬほど怖かった・びっくりした」という意味になります。

terrifying / terrified「ぞっとする、かなり怖い」

scary よりも更に怖い、ぞっとするような、とても怖い気持ちを表す時に使います。

frightening / frightened「びっくりする怖い」

不気味なというよりはギョッと驚くような怖い気持ちを表します。

goosebumps「鳥肌」

英語で「鳥肌」は goose bumps と表します。goose は「ガチョウ」、bumps は「こぶ」など表面の突起やデコボコを表します。なので goose bumps は直訳すると「ガチョウのこぶ」という意味になり、鳥肌の肌の表面がボコボコしている様を表します。日本語の鳥肌と同じく恐怖や感動で立つ鳥肌だけでなく「寒さ」で立つ鳥肌もこの goose bumps で表すことができます。「鳥肌が立った」と言いたい場合は動詞の get の過去形 got をつけて got goose bumps「鳥肌が立った」と表します。

最後にボイスチューブの動画で今日ご紹介したハロウィンの歴史やハロウィンで使われる単語などをおさらいしましょう!

誰かに教えたくなる!ハロウィンや仮装、カボチャの由来を英語で聴いてみよう!

いかがだったでしょうか?徐々に人が集まるイベントもコロナ前のように開催されるようになっており、今年はハロウィンのイベントに参加する人も少なくないはずです!ぜひ今回ご紹介したフレーズを覚えて、当日自分の仮装について英語で説明したり、相手の仮装に英語で反応したりできるよう、しっかり確認しましょう!

ボイスチューブなら、エンタメや雑学、ニュースなどさまざまな動画を使って楽しく英語が学べます。今すぐアプリを無料でダウンロードして、楽しい英語学習ライフを始めてみませんか?