スヌーピーの相棒チャーリー・ブラウン流クリスマスツリーの飾り方!

ピーナツの『スヌーピーとチャーリー・ブラウン』でおなじみのチャーリーがクリスマスツリーの飾りにワクワクとまらない!

H2: チャーリー流のデコレーションとはどんなもの?

チャーリーがクリスマスツリーの飾りにつけに試みるが、思いもよらないことが起こるとは彼も想像していなかった。まさかの涙の結末も!?その続きが気になる方は動画でチェック!

H2: 思いがけもしなかったこととは一体ナニ!?

チャーリー・ブラウン|クリスマス・ツリーを飾る

今回のクリスマスフレーズ

フレーズ1:

This should be a sign on to you.

あなたへのサインになるはず。

・sign

sign は名詞「合図、兆候」という意味があります。動詞の場合は同じく sign で、日本語で使われる「サイン(署名)する」というように意味が変わります。

フレーズ2: 

Oh, well, this commercial dog is not going to ruin my Christmas.

なにっ、こんなくだらないのに僕のクリスマスを壊されてたまるか。

・dog

dog は誰でも知っている「犬」という名詞の意味の他に、スラングで「くだらないもの、失敗作」といった意味も含まれています。

フレーズ3:

Charlie Brown is a blockhead, but he did get a nice tree.

チャーリー・ブラウンはおバカ君だけど、いい木はゲットしたわね。

・blockhead

blockhead は名詞「あほ、まぬけ、ばか者」という意味です。主に口語として使われます。

VoiceTube クリスマスプレゼントキャンペーン】開催中!

ライター/Erika

画像/Canva