「お中元」や「お歳暮」を英語で言うと?日本文化を英語で紹介!

日本独自の風習「お中元」と「お歳暮」を英語で言うには?日本文化の表現をチェック!

「お中元」と「お歳暮」の英語表現とは?

日本には「お中元」や「お歳暮」といった風習があります。上司や顧客、お世話になっている人に日頃の感謝を込めて贈り物する風習ですよね。
これらは日本独自の文化なので、直訳はありません。よく使われる意訳があるのでご紹介します。

「お中元」の英語表現は?

「お中元」は英語で「midyear gift」「summer gift」「midsummer gift」 と言います。
これらは日本語で直訳するとそれぞれ、「一年の途中の贈り物」「夏の贈り物」「夏の途中の贈り物」となります。どれを使っても構いません。

「お歳暮」の英語表現は?

「お歳暮」は英語で「year-end gift」「end of the year gift」と言います。
日本語に直すとどちらも「年末の贈り物」です。

補足
イギリスでは、「gift」ではなく「present」と表現されることが多いです。

「お中元」と「お歳暮」を英語で説明してみよう!

お中元、お歳暮の英語表現がわかりましたね!しかし、そのまま使っていても日本の文化を知らない外国人の方は理解できません。例えば、「year-end gift」と聞いて、クリスマスプレゼントや卒業祝いの贈り物のことだと勘違いする人もいるかも知れません。

「お中元」を英語で説明する

「お中元」を指す「midyear gift」を英語で外国人の友人に説明する際には、次のような表現をすると良いでしょう。

A “midyear gift,” known as Ochugen,is an important tradition in Japanese culture. 
「お中元」は日本の文化の一つです。

Many Japanese people give “midsummer gifts” from early July to mid-August to express their gratitude to long-term clients and friends.
日本人の多くは 7 月上旬から 8 月中旬にかけて、顧客や友達への感謝を表すための贈り物として「お中元」を贈ります。

「お歳暮」を英語で表現する

お歳暮の説明は、お中元の説明の「贈る期間」を変えるだけです。ここでは、お歳暮とお中元は似た文化で、期間のみが違うことを説明します。

At the end of the year, there is a gift-giving tradition in Japan called Oiseki, which is similar to Ochugen.

日本文化の一つである「お歳暮」は「お中元」に非常に似ています。

“The end-year gift” is given between the beginning and the end of December.
「お歳暮」は 12 月上旬から 12 月下旬にかけて贈られます。

実践編|「お中元」「お歳暮」を使った例文

日常やビジネスの場面などで実践的に使える例文をいくつか紹介します。

「お中元」を使った例文

What’s the best mid-year gift to get for this client?
あの顧客に贈るお中元は何がいいかな?

It’s a good idea to include a message of appreciation with your summer gift.
お中元には感謝を伝えるメッセージを添えると良いですよ。

「お歳暮」を使った例文

It’s bad manners to only give a mid-year gift and not a year-end gift as well.
お中元だけ贈ってお歳暮は贈らないのはマナー違反なんだよ。

まとめ|「お中元」「お歳暮」を英語で紹介しよう!

日本文化に馴染みのない外国人にとってお中元やお歳暮は言葉だけでは伝わらないこともあります。
いつ、誰に、どういった目的で贈るのかも伝えられると会話もはかどるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

楽しく生きた英語を学びたいなら、

VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Yuka
画像/Ekaterina Shevchenko, CC Licensed