「時間」を英語でいうと?◯ 時 ◯ 分 ◯ 秒が英語で言えるようになる!

時間を英語で言うには様々な表現方法があります。基本のフレーズを覚えて、スムーズに時刻を伝えてみましょう!

私たちの日常生活の中で、欠かせないのが「時間」です。そのため英語の会話の中でも時間を告げる場面は数多く巡ってきます。しかし考えれば簡単に分かるのに、急に聞かれると混乱してしまうことも。突然時間を聞かれても焦らずに答えられるように「時間」に関する基本の英語表現をおさらいしていきましょう。

英語で時間を伝えよう!「◯時◯分〇秒」基本例文

まずはもっとも基本となる表現方法から見ていきましょう。日本語と違って英語で時間を告げる際には、時・分は言わずに先に時間の数字、次に分の数字だけを言います。

3 時など「〇時ちょうど」を表すには o’clock という表現を使います。

It’s five o’clock.
5 時ちょうどです。

分が一桁の場合は 0(ゼロ)を o (アルファベットのO)として発音します。

It’s eleven o’ five.
11 時 05 分です。

時・分だけを告げる際には数字だけで大丈夫でしたが、秒単位まで告げる際には数字に second を付けて表現します。

It’s ten fifty and sixteen seconds.
10 時 50 分 16 秒です。

am/pm 付ける?付けない?午前午後の英語表現

英語では時間を 24 時間制で表現することはありません。午前か午後か伝えたい場合には、 am 「午前」 pm 「午後」を時刻の数字の後に付け加えます。あるいは in the ~という言い方もできます。

am/pm

The supermarket opens at 9 a.m.
スーパーは午前 9 時に開店します。

in the morning

am 以外にも午前を伝える方法として、時刻の数字の後に in the morning を付け加えることもできます。

She usually leaves home at eight o’clock in the morning.
彼女はたいてい朝の 8 時に家を出ます。

in the evening

午後を表すには pm 以外に、時間帯によって in the afternoon 「午後に」、 in the evening 「夕方に」、 at night 「夜に」を使います。

Let’s meet at seven o’clock in the evening.
午後 7 時に会いましょう。

ネイティブがよく使う!past と to で時間を言い表す方法

基本をおさえたところで、次はネイティブがよく使う past と to の時間表現です。日本語ではあまり馴染みのない表現方法ですが、英語では〇時から〇分過ぎと告げたい時に past 、〇時まであと〇分にはto を使います。

past

1 時間の内 30 分を区切りとして、1 分~ 30 分までは〇時から何分過ぎたかと考え「分+ past +過ぎた〇時」という言い方をします。

My watch says ten past nine.
私の時計は 9 時 10 分を示しています。

to

一方で 30 分以降の 31 分~ 59 分までは、次の〇時まで何分あるかと考え「分+ to +次の〇時」という言い方をします。

It’s six to four.
3 時 54 分です。(4 時の 6 分前です。)

half と quarter を使った「分」の特殊な表現方法

英語では 15 分、30 分、45 分を half や quarter を使って表すこともあります。fifteen や thirty など正しく聞き取りが難しい数字をhalf 「半分」や quarter 「1/4」を使って表現することで、聞き間違いを防止することができる便利な表現方法です。先の past と to とを組み合わせて、 quarter past 「15 分」、 half past 「30 分」、 quarter to 「45 分」と言います。

half

Let’s get up at half past seven!
7 時半に起きましょう!

quarter 

It’s a quarter to four.
3 時 45 分です。(4 時まで 15 分です。)

今回ご紹介した時間表現は、どれも普段からよく使われているものばかりです。日本語では馴染みのない表現方法もありますが、基本文を覚えて使い慣れることでネイティブとの会話でも正しく時間を伝えたり理解できるようなりましょう!

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

ライター/ Tommie
画像/Brad Neathery, CC Licensed