【最新】英語シャドーイングアプリと学習法5選!発音上達の”コツ”とは?

英語のシャドーイング学習を検討している方の中には、

「英語学習にはシャドーイングがいいと聞いたけど、どうやったらいいの?」

「実際にやってみたけど難しくてうまくできない・・」

といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

「英語学習にはシャドーイングがいいと聞いたけど、どうやったらいいの?」「実際にやってみたけど難しくてうまくできない・・」「自分のやり方は合ってるの?効果があるの?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、現役の英会話講師が「C Dプレイヤーがない」「外でもシャドーイングの練習がしたい」といった方にもおすすめのシャドーイング練習に最適なアプリを5つご紹介します!

TOEICや英検、私立大学などの入試対策向けのアプリもお見逃しなく♪シャドーイング初心者の方や、過去にチャレンジしたけど挫折してしまった方にも気軽に始められるやり方も紹介しています。

英語のスピーキングとリスニングが同時に学べる「シャドーイング学習」

シャドーイング(shadowing)は、英語を聞きながらそれを真似して発音する英語学習法のことです。元々は同時通訳の訓練法として考えられたものでした。英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは聞こえてきた英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけて言うのがポイントです。

「聞く」と「話す」を瞬時に行うので、難易度は高いですが、スピーキングとリスニングを同時に鍛えられる方法として、最も注目されている英語学習法の1つです。

シャドーイング学習で期待できる英語力UPの効果とは?

シャドーイングが英語学習の方法として注目されている理由は、ネイティブの「発音」「英語のリズム」「音の強弱」「イントネーション」などが改善し、「相手に伝わる」英語を身に付けられるからです。インプットとアウトプットを同時に強化でき、語彙力も身に付けることができます。

・リスニングとスピーキングを同時に鍛えられる

人は自分が言えない「発音」「スピード」のものを聞き取ることは難しいと言われています。シャドーイングは「聞き取って」瞬時に「発音」するので、集中して聞く力がつきます。また、聞こえてきた英文のすぐ後ろを追いかけるように言うので、繰り返し練習をすることでスピーキング時の瞬発力が養われ、スラスラ言えるようになります。

ただ機械的に言うのではなく、内容を思い浮かべながら聞いたり、自分が話しているかのように言うことで、さらに「リスニング力」と「スピーキング力」が鍛えられ、試験のリスニング対策や英会話力がU Pに繋がります!

・リーディングのスピードも上がる

日本語と英語は語順が異なります。そのため、英文を読む時に行ったり来たりしながら読み進める方も多いのではないでしょうか?行ったり来たりしながら読み進めることを「返り読み」と言います。

シャドーイングはいわば、ネイティブと同じスピードで英語を読んでいる状態です。シャーイングに慣れてくると、返り読みをしなくても英語の語順で内容を理解しながら読み進めることができるようになってきます。T O E I Cなどの読解スピードが試される試験向けの勉強法としてはかなり有効です!

また、自分が読んでいる声が自然と耳に入ってくるので、一文一文日本語に訳さなくても、英語を聞いてそのまま内容を理解する力が身に付きます。

・正しい発音が身に付く

英語は日本語に比べて母音や子音の種類が多く、英語の発音は意識して真似する練習を積まないと正しい発音は身に付きません。まずは舌や口の動きに慣れ、滑らかに動かせるようになると、英語をスラスラと言えるようになります。文章で「聞く→真似る」を繰り返し練習できるシャドーイングは非常に効果的です。動画の教材を使うと口の動きも見て真似することができます!

・英語のリズムやイントネーションが身に付く

英語には特有のリズムがあります。リズムとは、英語の文章を読む上で、ある単語は強く発音し、ある単語は弱く発音するといったようにメリハリを付けて発音することです。伝えたい部分の単語は強く発音されます。日本語では一定の速さで読むのが理想とされており、ただ「伝えたい部分は強く発音する」といっても、慣れるまでなかなか難しいです。シャドーイングはお手本を聞いた直後にそのまま真似るので、繰り返し練習することで、自然と正しいリズムやイントネーションが身に付きます。自分の英語を録音し、確認しながらやるのもおすすめです! 

シャドーイング学習はどうして難しいのか?

シャドーイングがいいと聞いてやってみたが、難しくてうまくできなかったと言う方も多いのではないでしょうか?

シャドーイングがスムーズにできるためには、

  1. 聞こえてきた英語の内容が瞬時に理解できる
  2. 聞く神経と話す神経を切り離せる

という2点が必要です。

冒頭でもお伝えしましたが、シャドーイングは同時通訳の訓練法として考えられたものです。通訳者で英語が聞き取れないという人はいませんが、英語学習としてシャドーイングを行う場合は、ある程度のリスニング力や、そのベースとなる文法や単語力が十分でないとかなりハードルが高く感じられてしまいます。

おすすめアプリを使って初心者の方でも気軽に始められる方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください! 

シャドーイング学習は自分に合った教材選びが重要!

・教材の種類

語学を習得するためには、どうしてもある程度継続して学習をする必要があります。そのため、教材も自分が長く続けられるものを選ぶことがとても大切です。例えば、自分が好きな俳優の映画だったり、興味のある分野について説明している動画など、自分がやっていて楽しめるものがいいでしょう!

・教材のレベル

初心者の方は短い会話文などから始めるのがおすすめです!英文を聞いて内容が理解できるくらい易しいものを選ぶといいでしょう。シャドーイングをすることで、リスニング力やスピーキング力をU Pさせるのが目的なので、初めから完璧にやろうとしなくて大丈夫です。

T O E I Cや英検、受験対策向けにシャドーイングを行う方はある程度の長文を選ぶといいでしょう。リスニングをし続ける集中力や、長文をスピーディーに読解できる力が身に付きます。また、一度やっておしまいではなく、何度も繰り返し行うことで、試験の点数を伸ばすというより、英語ができるようになった結果として、試験の点数が良くなるといった状態になります。

また、英語に慣れていない方は日本語訳付きの教材の方がいいと思います。意味がいまいち分からないものを繰り返し聞いて話すよりも、意味がきちんと分かるものの方が、リスニングやスピーキング、リーディング力も身に付きます。

自分の声で英文が聞き取れなかったら止めてもう一回やったり、言い間違えてしまったと思ったら、一時停止して言い直したり、英文をもう一度見て確認したりしても問題ありません。また、シャドーイングがうまくできない場合には、英文を見ながら音声に合わせて読むオーバーラッピングでも効果はあります。

20回、30回と繰り返すと、自然と英語っぽい発音・イントネーションになってきます。細いミスは気にせず、身体を揺らしたりなんかしながら、何度も練習を重ねて自分の身体に英語を染み込ませましょう!

シャドーイング学習におすすめのアプリ5選

ここでは、日常会話やビジネス英語、T O E I Cや入試試験などの対策等、あなたの目的に合ったおすすめのシャドーイング向けアプリをご紹介します!シャドーイング初心者の方でも気軽に始められるおすすめの実践方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

日英のテロップ付き動画で学習できるアプリ【VoiceTube】

VoiceTubeはエンタメ、雑学、TOEIC、社会などのカテゴリーからいくつでも好きな動画が数十秒お試しで観られます。(英語・日本語字幕付き)

そこから気に入れば(続きが気になれば)一日3本までなら、チケットを使って無料で最後まで観ることができます。そして一度チケットを使って観た動画は、その後も好きな時にフルで観られます。

自分に合った動画を選び、シャドーイング学習できる

動画は初級〜上級にレベル分けがしてあり、自分のレベルに合ったものを選ぶことができます。シャドーイング初心者の方はまずは会話形式のものや、アニメがおすすめです。

また、動画を選ぶ際に意識しておくべきことは、アメリカ英語を真似すると決めたらアメリカ英語の動画を習得するまで使い続けるといったように、「真似したい英語」を統一するということです。

英語には、アメリカ英語やイギリス英語、オーストラリア英語など、色々な種類があります。色々な英語に手を出してしまうと、結果的に習得するのに時間がかかってしまいます。

さらに言うと、真似したい人を決めてしまうのがおすすめです。例えば、スピーチの神、スティーブ・ジョブスなど。真似したい人の色々な動画で練習を重ねることで、その人の発音やイントネーションが定着していきます。

字幕付きで動画を見て内容を理解する

動画を選んだら、動画を見てみましょう。英語に慣れている方はここで早速シャドーイングにチャレンジしても構いません。

シャドーイング初心者の方は、まずは英語と日本語の字幕を両方使って内容を十分理解するようにしましょう。たとえリスニング練習が目的でも、しっかりと意味を理解している英文をシャドーイングする方が効果的です。

動画内の分からない単語は長押しすると意味を確認することができます。単語の意味と発音もここでしっかりと確認しましょう。そうすることで語彙力も着実に身に付けることができます。また、単語帳機能で調べた単語を保存することが可能です。自分だけの単語帳を活用し、あとで見返して復習に役立てることもできます。

英語字幕を見ながらオーバーラッピング

動画の内容を理解したら、英語字幕を見ながら1〜2回音声をじっくり聞いてみましょう。意味をなんとなく理解しながら聞くとさらに効果的です。

じっくり聞いて、発音やイントネーションを確認したら、英語字幕をみながら音声に合わせて読んでみましょう。これをオーバーラッピングと言います。うまく真似して言えない部分はもう一度音声を聞いて確認します。動画の口の動きも確認し、真似してみることで、発音しやすくなります。これを何度も繰り返して、音声と同じように言えるようになるまで練習します。

動画の速度も調整が可能なので、レベルに合わせてスピードを変えてみてください。

英語字幕を見ながらシャドーイング

音声と同じ速さでオーバーラッピングできるくらいになったら、字幕を見ながらシャドーイングをしてみましょう!

最初は発音が少し違っても、自然なイントネーションで言えなくても、音声についていければ大丈夫です。ポイントとして、少し早口めに言うと、次の英語が聞こえやすくなります。

字幕をオフにしてシャドーイング

10〜20回ほど字幕を見ながらシャドーイングをしたら、今度は字幕を見ないでシャドーイングに挑戦してみましょう!アウトプットする時は、自分が実際に話しているようなイメージで言うと気持ちが乗っかってスピーキング力がさらにアップします!

自分の声を録音して聞いてみる

シャドーイングができるようになってきたら、録音しながらやってみましょう!自分の英語を客観的に聞いて確認することで、ネイティブの音声との違いに気づくことができます。

VoiceTubeを活用することで、スマホ1台で無料でシャドーイングが可能ってコスパ良すぎじゃないですか?!テレビ番組や映画、YouTube動画の英語はまさに「リアルな英語」!シャドーイングで習得すれば、使える英語がそのまま身に付きます。

自分が好きな動画を使って楽しみながらシャドーイングを練習していきましょう!

料金:無料

オーディオブックサービス【Amazon Audible】

Amazonが提供している日本最大級のオーディオブックサービスです。

月額1,500円でオーディオブックが聴き放題!ライブラリーにダウンロードし、オフラインでも再生できます。再生スピードの調整が可能で、自分のレベルに合わせて速さを変えることが可能です。

現在19冊のTOEFL iBT対策のオーディオブックが利用可能で、TOEFL iBT対策としてもかなり使えます!本1冊分ぐらいの価格でこれだけ使えるのは安すぎです。

料金:ダウンロード無料(月額1,500円)

 

日常会話の練習向け【スタディサプリ ENGLISH(新日常英会話コース)】

リクルートが提供している英会話アプリです。1回最短3分から!スマホのアプリなので、通勤や通学中に英語のシャドーイングの練習ができます。短い会話表現がたくさん収録されているので、シャドーイング初心者におすすめです!

海外旅行に行った際や日本で外国人に道を聞かれた時、海外留学で現地で日常会話をサッとできるようになりたい方が楽しく勉強できるアプリです。

料金:ダウンロード無料(月額2,700円)

TOEIC対策向け【LissN】

ビジネス英語に特化したリスニングアプリです。ビジネスに関する記事を英語・日本語の両方で読めるほか、発声機能やスピード調整機能も付いているので、ディクテーションもしやすいです。

TOEICの問題はビジネス英語中心に繰り出されるので、単語はもちろんリスニングパートやリーディングパートの対策に最適です!ニュースを読んだ後、クイズを解いて「理解度をチェック」をすることができ、自分が上達した実感を持つことができます。

試験対策だけでなく、ビジネス英語を上達させたい方にもおすすめのアプリです。

料金:ダウンロード無料(月額600円)

英検や私大入試向け【英語の友 旺文社リスニングアプリ】

参考書を販売する大手「旺文社」が監修し、英検やT O E I C、T O E F L対策ができるリスニングアプリです。70冊以上の書籍の問題に対応しています。

以下の英検の書籍にある幅広いリスニング問題をダウンロード可能!

・英検でる順合格問題集 新試験対応版(準1~3級)

・英検暗記で合格 新試験対応版(2~3級)

・英検二次試験・面接 完全予想問題(1級~3級)

・英検分野別ターゲット 英検1級英作文問題 改訂版

・英検分野別ターゲット 英検1級英作文問題

・英検分野別ターゲット 英検準1級

速度調整やリピート再生機能などが付いているので、シャドーイングがしやすいです。

私大の入試は一般教養に関する問題も多く出題されるので、英検の長文問題などをやるのがおすすめです。

料金:ダウンロード無料(月額1,800円)

まとめ

いかがだったでしょうか?シャドーイングでリスニング・スピーキング・リーディングの3技能と語彙力が身に付くなんてかなりお得だと思いませんか?実際に英語で会話するのを想定して練習を重ねるとさらに効果的です!今までシャドーイングがうまくできなかった方も、段階的に練習することでやり易くなります。初めからうまくできる人はいませんので、ぜひ繰り返し練習をして、アプリを使ってシャドーイングで効率よく英語力をアップさせましょう!