【2020年最新版】英単語を動画で簡単に覚える?動画学習法を紹介!

語彙力を伸ばしたいけど、「単語帳だけでは飽きるし毎日やるのがしんどい…」、「単語だけの勉強なんて…なんとなく単語は覚えられるものではないの?」こういった悩みは多いですよね。

語彙力アップ・使える単語を増やしたい!

 英語は単語・文法・そして発音の基礎ができているからこそ運用することでがきます。
 特に単語は実際に使ってみるためにそもそも「覚えておく」必要があるので、かなりしんどいですよね。実際に見て聞いて話して、そしてジェスチャーなどを混ぜながら体に染み込ませていくものです。わかっていても飽きてしまったりモチベーションが上がらないなどの問題が出てきてしまうものです。
 そこで今回は私の実体験を元に動画を使った学習方法を紹介していきたいと思います!

英単語に必要な勉強メソッド

・書き写す

 これは単語帳をまとめたノート作りをおすすめしているわけではありません。私がおすすめしたいのは接頭語や接尾語、単語の種類を見分けながら書いて覚えるということです。単語を書いて成り立ちを理解し、例文を書き写してみてください

・単語の成り立ちを知る

 文章は単語と文法の組み合わせから成り立っていますが、英単語も様々な要素から成り立っています。
 単語は 1 単語を見るだけでなく、成り立ちを意識して理解していきましょう。
 1 問 1 答式の問題集もこれらの観点からはおすすめしていません。1 つの単語を知ったら2 つ、3 つと知識を足していくくらいの気持ちで臨んでみてください。

・リスニング

 単語の勉強をするときには絶対にリスニングを無視しないようにしてください。
 第二言語習得理論の研究から発音を習得することで英語学習の効果が上がることはすでに証明済みです。英語を話せない人・運用できない人はそもそも聞き取れていないことがかなり多いです。
英文作成(書く力)はできるのに話せない人も多いですよね。アウトプットする力があるのに話せないということはそもそも聞こえておらず、どのような返答をすればよいのかわからないということも少なくありません。
 まずは「カタカナ英語による理解」から卒業して、「発音記号を使った単語学習」に切り替えてみましょう。

・オーバーラッピング

 例文を見て、そして音を聞きながら音源に合わせて発音する練習方法です。単純に英文を読むだけではなく、目や耳を使って五感を活用して勉強しましょう。
 オーバーラッピングは主にリスニングやスピーキングの練習として活用される学習方法で、ネイティブらしさ、英語のスピード感に口を慣らすために用いられます。オーバーラッピングはスクリプトを活用した学習なので、内容を理解することが前提です。
 単語の意味を理解しその上で話す練習をすることによって脳に定着させていくので、語彙習得にも効果的です。

・シャドーイング

 シャドーイングとは聞こえてきた英語を真似して発音する練習法です。通訳のプロを目指す人達に良く用いられる練習法で、聞こえてきた言葉の処理を自動化することでリスニングの負担を減らす効果があります。
 シャドーイングは特に「発音」の部分を強化してくれるので、苦手な日本人にとっては最適な学習方法と言えるでしょう。
 意味に注目するものや発音を意識するもの、フレーズを理解するものなど色々な種類があるので、オーバーラッピングに続いて実践してみましょう。

なぜ動画を使った勉強をおすすめするのか?

 なぜ動画を使うのかということですが、これは「飽きないため」にほかなりません(笑)
 英語学習を始めると単語帳や参考書、問題集など各種教材とにらめっこすることになりますよね。ですがやはり机の前に座ったり通勤・通学中に単語帳を開いて勉強をしていると捗らなくなり、効率が悪くなってしまいます。
 動画を使った学習方法は色々ありますが、最近は  「 Youtube 」がテッパンです。Youtube は世界中の人々が様々な動画をアップロードしてくれるので、英語学習にはもってこいのコンテンツです。
 VoiceTube アプリの動画は Youtube 動画を中心としたオンライン動画を視聴しながら英語を気軽に学ぶことができます。英語字幕や解説などもついているので、勉強用途にもぜひ活用してください。

どのように勉強すれば良いの?動画学習の良さは?

・自分に合ったレベルの動画を探そう

 勉強は教材選びから始まっています。難しすぎて聞こえない、簡単すぎてつまらない、などが無いように内容を吟味して好きなシリーズを探していきましょう。

・はじめのうちは短めの動画から

 はじめは短めの動画を使ったほうがよりおすすめです。リスニング教材のテキストなどを見るとわかるのですが、短時間でも話のボリュームはすごいです。慣れるまでは簡潔な動画を見ていき、徐々に負荷を掛けて英語学習を習慣化させていきましょう。

・いつでもどこでも勉強できる

 インターネット環境があれば好きなときに好きな場所で勉強することができるのが、紙媒体の勉強との一番の違いです。
 まとまった時間を取るのは簡単なことではありませんし、勉強したい気分・したくない気分もありますよね。気軽にできる動画学習はそういった問題を解決してくれます。

・わかるまで繰り返し勉強ができる

 動画学習であれば自分の好きなペースで繰り返し勉強することができます。わかるまで勉強するのは非常に大事なことなので、自分の学習ペースを作れるのはとても効率的です。

おすすめVoiceTube動画を厳選!

 それでは、本章では VoiceTube の動画をいくつか紹介していきましょう。
 はじめのほうで紹介したいくつかのメソッドを活用して、多様なコンテンツを楽しみながら勉強してみてください。 

英文ライティングのコツ!追加をする「転換語(Transition)」を使いこなそう!(Writing – Transitions – in addition, moreover, furthermore, another) 

覚えておくと便利な英語略語10個(10 abbreviations you should know)

本ブログのまとめ

 さて、今回は英単語の勉強方法や動画学習法を紹介しました。
 動画による学習が全てであるというわけではなく、紙媒体やリスニング教材を用いた学習法、また先生に教えてもらうのもそれぞれに良さがあります。
 動画を見ているだけ、単語帳を見ているだけでは語彙力は身につきません。それぞれの学習法の良い部分と悪い部分を理解し、上手に活用しながら英語学習をしていきましょう!

楽しく生きた英語を学びたいなら、VoiceTubeアプリ!

新しい動画を日英字幕付きで毎日更新!ニュース、アニメ、コメディー、教育などチャンネルも豊富で、気楽に楽しく英語を学べるから、毎日の英語学習が楽しくなる!

↓↓VoiceTubeアプリのダウンロードはこちらから↓↓

 

ライター/ Shinichiro
画像/ Unsplash